OIAS公式Webサイト

図書室の悲惨  (福場将太・著)
■第一章「図書委員会」

  1997年11月10日(月) 4:35 pm

 広島県広島市にあるアカシア大学附属高等学校、通称『フゾク』。その4階に位置する図書室には、8人の男女が集っていた。各々適当な席に着いている。時刻はもう放課後、彼らは図書委員会のメンバーである。
「誰かこれといった意見はありませんか?対策法などは…」
 唯一起立して、正面カウンターの前で委員たちに声を発しているのは図書委員長・瀬山夏夫(せやま・なつお)、2年。男ながらも透き通るような綺麗な黒髪で、やや長めのそれは真ん中で分けられ両方の瞳にわずかにかかっている。いつものように学ランを脱いだカッターシャツ姿で図書委員会を仕切る彼は、名門で通っているこの高校の中でもさらに優等生の部類に入る生徒だ。彼は今、年々増加する図書の延滞者についての意見をまとめようとしている。
「期限までに借りた本を返さない人たちに…どう対処していけばいいでしょうか」
「延滞してる奴の名前を貼り出して、警告すればいいじゃないか」
 挙手もせずに委員長に意見したのは福場将大(ふくば・まさひろ)、2年。眼鏡に絡みつくほどに伸びた長い前髪が印象的で、委員長とは反対に学ランの上にさらにトレンチコートを着込んでいる。別に寒いわけではない。前髪と同じく、これが彼のこだわりなのだ。
「そこまでやると人権問題になります。それに警告なら図書新聞の方でもしてるんでしょう?」
 図書委員会顧問教師の1人、岡本恵(おかもと・めぐみ)が、おそらくは委員たちの会話を聞いていたのだろう、そう言いながら隣の司書室からドアを開けて入ってきた。彼女はセミロングの黒髪、いつも私服の上にピンク色のジャンパーを羽織っている。年齢は40代中頃、といったところか。長年この高校でたくさんの生徒たちを見守ってきた優しさが、その表情と穏やかな口調に感じられる。
「あんまり過激な方法はよくないわよ、福場くん」
「でも先生、あれは延滞者のイニシャルだけしか書いてないんですよ。延滞してる奴が悪いんだから別に名前ぐらい公示してもいいんじゃないですかねえ」
「そういう先輩も『ヒッタイト帝国の謎』の本、夏休み前から借りっぱなしですよ。立派な延滞者じゃないですか」
 先輩の福場にツッコミを入れたのは久保田啓介(くぼた・けいすけ)、1年。福場よりも太枠の眼鏡をかけ、頭には快活そうな赤いバンダナを巻いている。勉学・雑学、種々の分野にかけて何かと詳しい彼は、通称『マニアックマン』。図書委員期待の星の1人だ。
「あれはまだ読んでるんだって。結構字が小さくて一気に読みにくくて…」
「図書委員の中に延滞者が多数いるのも、また現状です」
 委員長が福場の言い訳を遮って話を戻した。
「延滞してる人のところに直接行って、脅迫しちゃえば?本返せ~って」
 冗談めいた意見を一応挙手しながら言ったのは須賀花枝(すが・はなえ)、2年。普段から明るい性格で、左右に少しハネた髪が彼女の元気印。
「友達ならいいけど…知らない人、あ、特に先輩とかにはちょっとねえ」
「それにそれかなり感じ悪いですよ。何様だって思われそうだ」
 先に言ったのは西村佑希(にしむら・ゆき)、2年。人と駄弁るのが好きな彼女は、普段から後輩の面倒見もよい。現在はショートヘアーだが、実は密かに伸ばし始めている前髪を軽くピンで留めている。そして彼女の発言に応じたのは瀬戸川影昌(せとがわ・かげまさ)、1年。委員会の仕事をしっかりとこなす真面目な彼は、次期図書委員長候補である。学ランに似合う短めの髪と頼まれたら断れない人のよい垂れ眉毛は、いつも場を和ませてくれる。
「ねえ、どう思う?唯ちゃん」
 西村が尋ねたのは水田唯(みずた・ゆい)、2年。マニアックマンとは対照的に小さ目の眼鏡をかけた彼女は、学年でも成績はトップクラス。長いワンレンの髪を背中まで伸ばしている。
「私はそれよりも1度に5冊くらい借りれるようにしてほしい、3冊じゃすぐ読み終わっちゃうから。…どうかしら委員長?」
 彼女は図書委員ながら、図書室利用の常連でもある。いつも1度に限界の3冊まで借りていき、数日で全て読破してしまうほどの読書家である。
「論点がずれるからその話はまた今度。今は延滞者増加の問題。『大工』を含めてのべ50人以上の生徒が延滞してるんです」
 委員長は答える。
 フゾクの生徒は1学年200人の全600人ほどだから、図書延滞者50人というのは結構な数といえる。もちろん無断で1人で10冊くらい借りてる者もいるのかもしれないが…。
「『大工』はもう卒業しちゃってんじゃないか?」
 再び福場が意見した。
「何なの?その『大工』っていうの」
 顧問・岡本がそれとなく尋ねた。答えるのは専門家っぽい口調のマニアックマンだ。
「貸し出しカードに『大工』とだけ書いて借りちゃってる人なんですよ。貸し出し日も返却予定日も記入してなくて、いつ書かれたものなのかもわからない。確かその本の題名は『淡水の生き物』だったかな。ただの悪戯か嫌がらせなんでしょうけど…誰なのか調べようもないし、まあおかげで我が校の図書室の管理システムの甘さが露呈したわけですが…」
「そんな人までいるんじゃ確かにちょっと問題ねえ。本も戻ってきてないんでしょ?甘い管理システムなのは生徒の自覚に任せてるからなんだけど…。盗もうと思えば何冊でも盗めるから」
 岡本はそう言って少し首をかしげる。
「いっそのこと、『大工名乗り出ろ!』って公示しちゃえば?本名も載せないわけだし」
 須賀がまた本気なのかどうか分からない意見を言う。
「『大工』のことはともかく、そういう人がこれ以上増えないようにするべきっスね」
 ようやく口を開いたのは平岡陽一郎(ひらおか・よういちろう)、1年。ただ剃ってないだけなのだろうが、丸い顔には口髭が目立つ。福場のコートといい、マニアックマンのバンダナといい、平岡の髭といい…岡本の言葉ではないが、フゾクという学校は生徒の自覚に任されている部分が多い。そのせいか図書委員に限らず独特な生徒たちが随所に見られる。
「やっぱり私たちが当番で管理すべきかしら。昼休憩と放課後」
 と、西村。
 意外に思われるかもしれないが、この学校の図書委員はそういう受付や管理当番をしていないのである。図書の貸し出し・返却はもっぱらセルフサービス、本日のような委員の集会もたまにしかない。そもそも自ら進んで図書委員になったのも図書室好きの水田くらいで、その他の者は何となくであったりくじ引きで負けたりした結果なのである。しかし、クラスとも部活とも違う、計算でなく偶然で集まったメンバーだからこその新鮮な世界がここにはある。とりわけ今ここにいる委員たちはこの雰囲気が気に入っているようで、図書室をフゾクの新たな憩いの場としている。気が向いたら図書室を訪れ、そこにいる委員たちと駄弁る…それが彼らの日課となっていた。唯一やっている正規の仕事としては、『図書新聞』という機関紙の発行と図書室の掃除くらい。そんな状況だから、図書委員の中に図書延滞者が多数いるというのもまあ頷けるというわけだ。
「どんなに管理してもやっぱり各自の自覚でしょう。それに俺たちがやるのは面倒だし」
 と、福場。
「面倒って…少しくらい図書委員らしいことした方がいいとも思いますよ。まあ各自の自覚ってのは真理ですけど」
 瀬戸川が続く。もはや挙手制度は完全に忘却の彼方だ。
「こういう集会の結論って、何かいつも『各自の自覚に任せる』になっちゃうよね」
 水田もそう付け加えた。
「水田さんの言う通りですが…じゃあ今まで通り警告を続けて生徒の自覚に任せることにしましょうか」
 委員長が半分あきらめて締め括るような口調でそう言うと、委員たちはそれを感じ取り拍手した。委員長は不服そうだが…まあ妥当な結論だろう。それに世間の学校ではリスク管理とやらで生徒たちに何かと自由がなくなってきている昨今において、生徒に任せる部分が多い校風はきっとフゾクの魅力であろうから。
「じゃあこれをもって本日の図書委員会は…」
「あ、ちょっと待って瀬山くん。みんなに訊きたいことがあるんだけど」
 窓際に立っていた岡本がカウンター前に出た。入れ代わるように委員長は席に着く。
「どうもね、司書室に置いておいた図書室…つまりこの部屋の鍵が行方不明みたいなの。みんな結構司書室に出入りしてるでしょ、誰か知らない?」
 ここで少しフゾクの図書室の構造について説明しておこう。広さは通常の教室の2倍ほど、廊下側に前後2つの引き戸式ドアがあり、通常カウンターに近い前方のドアしか開放されていない。廊下と反対側の壁は中庭に面しており、廊下側の壁と同じく窓が並んでいるため室内はとても明るい。カウンターの奥には先ほど岡本が出てきた司書室に繋がるドアがあり、司書室と図書室の間の壁には大きなガラス窓がはめ込まれているためある程度お互いの部屋の様子がわかるようになっている。カウンターの前には今委員たちが座っている3列の長机が置かれ、その奥には本棚が並んでいる。さらにその奥、つまり図書室後方の壁には書庫に繋がる重いドアがあり、書庫には普段なかなか使われることのない専門書や蔵書が置かれている。書庫は中庭側に小さな窓が1つしかないため図書室と対照的に昼間でも薄暗く、空気も冷たい。廊下側にドアが1つあるが、図書室の後方のドア同様普段は施錠されている。
 とまあ説明が長くなってしまったがおおよそ構造はこのような感じだ。ちなみに紛失された鍵は図書室の前後どちらのドアも施錠・開錠することができる。もう下校時刻も近いというのに鍵が見つからないとなれば、岡本が焦ってしまうのも無理はない。
 しかし顧問教師のその問いに委員たちは誰も我知らずといった感じであった。…しばしの沈黙。委員たちからは、早く帰りたい、帰してほしいという空気が漂い始めてくる。
「どっかに落っこちてるとかじゃないっスかねえ?机の間とか」
 平岡が口を開いた。
「一応探したんだけど…、みんな知らないんならいいわ。今日はご苦労様。多分どこかにあるでしょう。あ、みんな、明日は大掃除だからよろしくね」
 そう言うと岡本は司書室に戻った。委員たちもそれぞれ席を立って帰っていく。「お疲れお疲れ」「それじゃまた明日」「帰りに一緒に本屋に行こうよ」などなど、たわいもない言葉が交わされる。
 まだ受験戦争に脅かされることのない生徒たちの、何気ない日常の光景…時刻は下校時刻の午後5時を回った。

 しかしこの時、確かに1人は鍵の所在を知っていた。
第二章へ
図書室トップへ
OIASトップページに戻る