OIAS公式Webサイト

図書室の悲惨  (福場将太・著)
■第十章「真相講義」



   1997年11月14日(金) 5:28 am

 けたたましい電話の音に福場は起こされた。昨夜は沖渡の言葉が気になってなかなか寝つけなかった彼を、電話は容赦なくまくし立てる。彼は重い体を起こすと、部屋の明かりをつけ時刻を確認した。
(誰だ、こんな朝早くに…。それにしても眠いな…)
 福場は目を擦りながら受話器を取る。
「ふぁい、福場ですが…」
「僕だよ福場、瀬山だ」
 福場はうつろな面持ちでなんとか相手を認識すると、頭を掻きながら言った。
「どうしたんだよ瀬山、こんな朝早くに」
「叩き起こされたのはこっちも同じだ。沖渡先生だよ、さっき電話がかかってきたんだ」
「沖渡先生?どうかしたのか」
「何か知らないけど、事件の真相がわかったから至急図書室に集合してくれってさ。冗談じゃないよ、昨日の面談が最初で最後じゃなかったのか?本当にもう…」
 委員長の不満はひとまず聞き流して福場は言う。
「事件の真相がわかったって?それ、本当か」
「ああ、確かにそう言ってた。図書委員のみんなにも連絡させられたよ。じゃあ、そろそろ出発しないと間に合わないから、切るぞ。全くもういい加減にしてほしいよ」
 そう言い捨てると瀬山の電話は切れた。



 早朝の暗い街に福場は自転車を走らせていた。11月の中旬、この時刻はもう十分に寒い。日の出はまだ遠く、空には星たちが瞬いている。
(事件の真相がわかったって…?)
 望んだことではあったが、福場は複雑な気持ちだった。真実というものに向き合う覚悟がまだできていないからかもしれない。心は大きく揺れていた。
(真相、…一体それは何だろう?
 沖渡先生は何を…今から語るのだろう?)
 福場には、この一連の事件を筋が通るように説明するなんてことは到底不可能に思えた。しかし、一方で沖渡はきっと真相へと辿り着いたに違いないという無根拠で無責任な確信もあった。
(今は、とりあえず図書室に行くしかない。
 あそこに、全てがある、…そうに違いない)
 福場はかじかむ両手をこらえながら、さらにペダルを加速させた。



 福場がフゾクの校門に着いた時、時刻は午前6時10分を回っていた。まだ辺りは暗く、校門の後ろに黒く大きな校舎の影がボンヤリ見えた。
 …その影の中で一点、4階、図書室だと思われる位置だけ明りが点っている。校門やシャッターはすでに開かれていた。6時になって警備員がそうしたのだろう。
 福場は大きく深呼吸すると、静かに自転車を校内に滑り込ませた。



 4階に上がると、廊下には数メートルおきに制服警官が配備されていた。特に図書室の辺りは厳重なようで、前方のドアの両脇に警官が立っていた。
 福場がその光景に圧倒されながらも図書室に入ると、すでに多数の委員たちが机に着席していた。そして、カウンター前には教師・沖渡が立っている。窓の外はまだ深い闇だ…電灯だけで照らし出される室内は、福場にとってどこか夢の中のように感じられた。
「よし来たな、福場。これで全員集合だ」
 沖渡はそう言うと福場に座るように促し、入り口のドアを静かに閉めた。
「先生、2年の女子の先輩たちがまだ1人も来てないようですが」
 カウンター前に戻った沖渡に瀬戸川が言った。
「…ああ、その事なんだが…。実は昨日1人交通事故に遭ってしまって…、今全員付き添いで病院の方に行ってもらってるんだ」
「交通事故?」
 と、委員長・瀬山。
「ああ、下校中自転車で…。幸いまだ命はあるんだが、非常に危険な状態だ」
「そ、そんな…。どうして事故なんかに…」
 小笠原遥香が怯えた声で言う。
「…そのことも順を追って説明する」
「先生、板村くんは…」
 福場が昨日の電話を思い出して尋ねた。
「板村が、どうかしたんスか?」
 と、平岡。沖渡が福場に代わって答える。
「実は昨日の放課後、ここのすぐ上の屋上で板村が頭を殴られて倒れていたんだ。渡辺が偶然発見しなかったら、もっと発見は遅れていただろう」
 福場はふと集まっている委員たちに紛れて、その渡辺もこの場に居合わせていることに気づいた。 「しかし…早期発見ではあったが、手遅れだったよ。今朝早くに…」
 その言葉に、一同は水を打ったように静まり返る。沖渡はゆっくり目を閉じ、そしてまたゆっくりと目を開いて言った。
「…みんな、今から全てを説明する。だから、落ち着いて聞いてくれ」
 沖渡は改めてそこに集った生徒たちを見回した。
「では…始めます」




 沖渡はカウンターに置かれた箱から1枚の貸し出しカードを取り出した。
「これは…例の『大工』と書かれた貸し出しカードだ」
 朝の冷たい空気のせいか、沖渡の声は鋭く図書室に響く。
「まず…『これを書いたのは誰なのか』、これが第1問だ」
 沖渡の表情はいつもにも増して固い。
「そんなの、『大工』本人に決まってるんじゃ…」
 平岡がポツリと言う。
「…実は、これを書いた人物は『大工』が伝えたかったんじゃないんだよ。私たちが『大工』と勝手に読んでいたに過ぎない」
 沖渡がカードを全員に示しながら答える。
「どういう、意味?」
 と、小笠原。
「その前に、みんなに協力してもらいたい。みんな、今から1人ずつこの黒板に『大工』と書いてくれ。チョークはここにあるから」
 沖渡はチョークの入った小箱を示しながら言った。カウンターの横には、昨日面談でも使われたキャスター付きの黒板が置かれている。
「もちろんここにいる全員だ」
 沖渡の厳しい口調…一瞬沈黙がその場を包む。そしてまず福場が立ち上がり、その後1人また1人と無言で生徒たちは沖渡の指示に従った。静寂の図書室にチョークの音だけが響く。委員長やマニアックマンのように少なからず嫌そうな顔をする者もいたが、とりあえず人数分の『大工』が黒板に並んだ。それはとても不気味な光景であった。
 全員が書き終えて着席したのを確認すると、沖渡は再び口を開く。
「『大工』、これ以外にもこのカードには学年の欄に『一』と書かれている。また小さな穴も空けてあるんだ」
 沖渡はカードを全員に示す。
「確かに嫌がらせにしては、凝ってるわりに意味がさっぱりわかりませんね」
 と、瀬戸川。
「そう。つまりこれは…悪ふざけなんだよ、ただのね。もちろんこの部屋の鍵を盗んだり、包丁と塗料を使ったりしたあの悪戯などとは全くレベルも系統も違うものだ」
「悪ふざけって…それでも全く意味がわからないじゃないですか、先生!」
 マニアックマンが言う。
「わかるんだよ」
 沖渡の言動は実に堂々としている。そこには何の迷いも感じられない。
「ちょっとした暗号だったのさ、これは…。まず『一』、そして『大工』…」
  沖渡は黒板の余白に『一』と書き、その下に縦に少し間隔をあけながら『大』、『工』と書いた。
「しかも『大』と『工』の間には…穴」
 沖渡はその位置に小さめに丸印を板書した。
「この暗号を解くには、カードに書き込まれた情報を縦書きにすればいいんだ」
 生徒たちはしばらく黒板のその文字を眺めたが…何もわからないようだ。
「そして、もう1つの作業、『穴』を漢字に変換すると…」
 沖渡は丸印を消し、漢字で『穴』と板書した。
「どうだい?これなら…読めるだろう?」






「あ…」
 福場の頭の中で、何かが結び付いた。




 福場はようやく沖渡の言わんとすることがわかった。そしてその『名前』を口に出した。
「…『天空』」
 沖渡は微かに笑顔を浮かべ、「その通りだ」と答えた。そして他の生徒たちも沖渡の意図に気づく。
「これらの四文字を間隔を狭めて並べると、『天空』になるんだ。これは以前中庭の池で飼われていた鯉の名前なんだが…実はもう1人、ある人物の名前でもある」
「ある人物?」
 と、マニアックマン。沖渡が言った。
「小笠原、君ならもしかしたら知っているんじゃないのかな?」
 周囲の視線が彼女に集まる。彼女は小さな声で言った。
「出口先輩の…中学の頃の…あだ名です」
 その言葉に驚きを隠せない生徒たちが声を発するより先に、沖渡が言い切った。
「そう、つまりこのカードを書いたのは出口本人だったんだ」



「…初めから説明しよう。出口はただ単に自分のお気に入りのあだ名、かつお気に入りの鯉の名前でもある『天空』をもじった暗号を、貸し出しカードに悪ふざけで書いただけだったんだ。実際このカードの本、『淡水の生き物』も彼の部屋から発見されている。生物管理委員会で鯉を飼っていた彼が読みそうな本だ。
 …ただ、この暗号はまだ出口のことをそこまで知らない図書委員たちには解読不可能だった。多分このカードを出口が書いたのはまだ鯉が生きていた頃だろう。本を借りて読んでまで世話をしていた鯉が死んでしまって、本も返しそびれていたんじゃないかな」
「でもじゃあ、あの包丁の『大工』は…?」
 と、瀬戸川。
「あれは、このカードをただ『大工』としか読まなかった別の人間が書いたんだ。『大工』の持つ一種の不気味さを自分の計画に利用しようとしたんだ」
「でもそんなの、わからないじゃないですか。また出口先輩が書いたのかも…。包丁を使ったからって、度を過ぎた悪ふざけともとれないことはないわ」
 小笠原が反論した。今までずっと物静かな彼女しか知らなかった図書委員たちは、その気丈さに驚く。
「いや、それはない」
 沖渡はキッパリと否定した。
「どうしてですか?筆跡鑑定でもしたんですか?」
 マニアックマンも反論した。
「カードに書かれている文字も、包丁に書かれている文字も簡単なものだから…筆跡鑑定は難しいだろう」
「じゃあ…」
 しかし、この貸し出しカードを書いた人間と包丁に『大工』と書いた人間は別だ」
「どうしてそんなことが断定できるんスか?」
 平岡も口を出す。沖渡は先ほど生徒たちが書いた黒板の『大工』の群れを指差した。そして、静かに言う。
「…書き順だよ、書き順が違うんだ。普通『工』は横・縦・横と書くだろう。それはここにみんなが今示した通りだ。私はみんなの書き順を確認していたんだよ。みんな、横・縦・横だった。
 …しかし出口はどうも癖で『工』の字を横・横・縦と書いていたらしい。筆跡鑑定は無理でも、重なり具合から書き順は判別できるんだよ。つまり包丁の方の『工』の文字は君たちのように標準的な書き順の人間が書いたものだったんだ」
「まるで僕たちの中に…その人物がいるような言い方ですね」
 と、委員長。
「その通りだ」
 沖渡の言葉にもはやためらいはない。
「鍵を盗める条件から考えても、図書委員以外に真犯人は有り得ない」



 一同は再び静まり返る。沖渡は確かにとんでもないことを言おうとしている…しかしそれはけしていい加減な気持ちではないことを全員が感じ取った瞬間だった。視線は数学教師に集まる。彼はまるでそんな生徒たちの胸中を確認するかのように無言で頷くと、再び話し始めた。
「…みんなにとっては辛い話だが、続けます。
 この1週間で起こった一連の事件は、全てある1人の人物、仮に…まあkとしよう、によって起こされたものだ。それはもちろん出口ではない。出口はただいつものような悪ふざけで貸し出しカードに暗号を書いただけ。kはその『大工』という名称を自分が今から行なおうとしている犯罪計画に利用することを思いついた。
 …犯行の過程で『大工』を名乗れば、みんなの疑惑の矛先を『大工』という正体不明の人物に向けさせることができるからね」
 福場は集会の時などでも『大工』をなにかと話題にしていた自分たちを思い出していた。
「そして密室の書庫に出口を残すことで、出口の自殺をでっちあげ、『大工は出口だった』という結論に私たちを導こうとした。実際、1度はみんなそう考えただろう?」
 沖渡はまた生徒たちを見回した。マニアックマンは厳しく彼を睨み返していたが、沖渡は続けた。 「だから、kにとって『大工』が本当は誰であろうと知ったこっちゃなかったわけだ。しかしまさか出口自身が本当に『大工』だったとは思いもしなかっただろうけどね。
 …順を追って話そう。まずは図書室の鍵を手に入れる必要があった。もちろん図書室に忍び込んであの包丁の悪戯をするためだ。司書室に日常から頻繁に出入りしている図書委員のkにとって、鍵を盗むことはさほど難しいことではなかった。しかし、その時たまたま別件で司書室に来ていたある人物に、kは鍵を盗むところを目撃されてしまったんだ。そのある人物こそが、板村だ」
「えっ」
 渡辺が思わず声を上げた。
「板村は月曜日の昼休憩、岡本先生に国語の質問をするためたまたま司書室に来ていた。kはその時とばかりに鍵を盗んだのだろうが、岡本先生の解説を受けながらちらっと他所見をした板村に、盗む瞬間を見られてしまったんだ」
(そうか…、やはり板村くんは事件に大きく関係があったんだ…)
 福場は心の中で納得していた。
「多分その時は、kも見られたことに気づかなかっただろうし、板村も自分が目撃したことがそんなに重要なことだとは思ってなかったんだろう。
 しかし昨日の個人面談の時、図書室で委員たちの話を聞いていた板村は、『鍵を盗んだ人物こそが事件の犯人である』ということを知ってしまった。そして、自分は犯人を目撃していることを理解したんだ。だから彼は自分の面談を受けずに、怒って帰るふうを装った」
 その辺りの経過は福場が昨夜の電話で沖渡に伝えたことだった。福場は面談中図書室に残っている生徒たちの行動を観察するように沖渡に頼まれていたのだ。そう、自分の面談が終わり、数学準備室を出ようとして呼び止められたあの時に。
 自分の伝えた情報が思いがけない意味を持っていたことに驚きつつ、福場は沖渡の言葉に集中する。沖渡はさらに板村の行動に関する推理を語った。
「そして先に渡辺だけを教室に帰して、彼は廊下でkが面談を終えて来るのを待っていた。理由はkを問い詰めるため…もしかしたら脅迫するつもりだったのかもしれない」
 渡辺は沖渡の話を聞きながら、昨日の板村の行動を思い出していた。あの時の板村の何か思い詰めたような異常な目を…。
「まもなく面談を終えたkが、教室に戻る途中で板村のところに来た。そして、事件のことを問い詰めてきた板村を、kは思わず持っていた『何か』で殴ってしまった」
 その光景を思い浮かべてか平岡が目を閉じる。沖渡は続けた。
「冷静になってからkは焦ったろうが、とりあえず板村を隠すことを考えた。幸いそこは4階だったので、屋上に運ぶことを思い付くのは簡単だった。屋上には滅多に人が来ないから、最適の隠し場所と言えた」
「ちょっと待って、先生!板村は発見の時はまだ生きていたんでしょう?何故kはとどめを刺さなかったんですか?」
 マニアックマンが喰ってかかるが…沖渡はすんなりと答える。
「死亡推定時刻を曖昧にするためだ。もし板村が発見されて、死亡推定時刻が『5時限目から6時限目終了までの間』だと判明してしまったら、その間に犯行が可能だったのは『面談のせいで授業を受けていなかった図書委員』と絞り込まれてしまう。他の生徒は授業を受けている時間だからね。だからkは板村に致命傷だけを与えて、板村が絶命する瞬間はできるだけ後伸ばしにして曖昧にしようとしたんだ」
 その合理的な説明にマニアックマンは圧倒される。続いて平岡が目を開いて言う。
「い、一体誰なんスか、kってのは?この中にいるんスよね?」
 その言葉にはっとしたように生徒達はさりげなくお互いをうかがう。そこで沖渡が何か言いかけた時、委員長が先に言葉を発した。
「で、でも先生、書庫の状況は明らかに出口くんの自殺を物語っていたのでは?密室の中に出口くんがいたんだったら、kって人が魔法使いでもない限り…」
「そ、そうだ!あの状況を作り出せたのは密室の中にいた出口先輩しかいない。やっぱりあれは出口先輩の自殺で、板村が殴られた事件は出口先輩の事件とは無関係なんじゃないですか?」
 マニアックマンが再び強気になって沖渡を問い詰める。
「いや…」
 沖渡は一瞬目を閉じ、それをゆっくり開きながら言葉を続けた。その瞳には、完全なる『確信』の火が灯っている。
「間違いなく出口はkに殺されたんだ。あの密室もkが作り出したモノだ。…今からそれを説明しよう」



「ちょ、ちょっと待ってください!」
 マニアックマンがついに立ち上がって叫んだ。沖渡は言葉を止め、目を丸くして彼を見る。
「やっぱり先生の言おうとしていることはおかしいですよ。書庫は密室だ密室だっていかにもミステリーみたいに言うけど、ただ単に出口先輩が図書室から書庫に入って内側から鍵をかけたっていう解釈をするのが普通じゃないですか!
 …それに、もし仮に先生が神業的な密室トリックを発見したとしても、それが行なわれたっていう証拠がない以上、結局何の意味も…」
「まあ落ち着け、久保田」
 沖渡は強い口調でそう言う。そしてカウンター前からゆっくり離れ、後ろの席に座っていたある生徒の前へと移動した。そこで無表情を崩さずに話しかける。
「久保田もああ言ってるし、そろそろ話してくれてもいいんじゃないか?…小笠原」
 沖渡にそう言われ、小笠原はしばらく伏せていた視線をゆっくりと沖渡に向けた。
「…え?」
「警察も久保田のように『出口の自殺』で解決しようとしている。…君は本当にそれでいいのか?出口が自殺でないことは君が一番知っているんだろう?」
 その言葉に福場が驚いて言う。
「え?じゃあ、まさか彼女が犯人…」
 沖渡はちらと福場を見、再び小笠原に視線を戻して言った。
「まさか、もちろん犯人以外で一番知っているってことだよ。
 …なあ、小笠原、出口は君が思っているような人間じゃないよ。私が保証する。だから彼の味方になってやってくれないか?…元恋人だからとかそんなんじゃなく、1人の人間として」
 周囲の視線が彼女に集中する。しばしの沈黙の後、彼女はゆっくりと語り始めた。
「…わかりました。私、証言…します。今まで黙っていてすいませんでした」
 そして彼女は力強く言った。
「実は私、…大掃除の時、図書室と書庫を繋ぐドアに、鍵…かけたんです!」
 その言葉に沖渡は微笑む。彼女は続けた。
「書庫の掃除の時、水田先輩があのドアを何となく閉めたんです。そして、掃除が終わってみんなで廊下に出た時、私…鍵をかけたんです!ノブのツマミを回して…。だって、その方が安全だと思ったから。でも次の日、出口先輩が書庫の中から発見されて…私怖くなって…」
 言葉を詰まらせる小笠原。その後を沖渡が続けた。
「小笠原はとても頭の切れるヤツだ。だから、図書室から書庫へのドアを開けておくことは危険だとすぐ気づいたんだよ。鍵をかけておけば、少なくとも鍵を盗んであの包丁の悪戯をした人物は書庫までは入ってこれなくなるからね。
 …しかしそれにも関わらず、翌日出口は書庫の中から発見された。誰も入れなかったはずなのに、だ。…つまり警察は出口の自殺だと判断したが、実はそれも不可能だったんだよ。そして小笠原はただ1人その事を知っていた。相当悩んだんだろうね」
「で、でも…」
 平岡が言葉を発する。
「どうして今まで黙ってたんスか?彼女は…」
 それには小笠原が答えた。
「だって…私が証言しなければ…自殺で解決しちゃうから。自殺っていう格好悪い死に方であいつが死んじゃえばいいって…思った。私をいきなり捨てたあいつが…。
 でも、だんだん黙ってるのが辛くなって…だから学校に来るのも辛くなって…」
「もういいよ、小笠原」
 沖渡は彼女の肩をポンと叩いて、カウンター前に戻った。そこでマニアックマンは力が抜けたように腰を下ろす。その瞳は激しく左右に揺れていた。
「どうだ…、みんな?つまり、書庫に入ること自体ができない状況だったんだよ、あの時。まさにミステリーだろう?」
 生徒たちは誰も何も言わない。みんなただ沖渡の次の一言を待っている。
 そして沖渡は全員の顔を見回すと、ついにその言葉を発した。
「それでは…改めて説明しましょう」



「私はまず、何故盗まれた鍵が中庭にあったのかを疑問に思った。出口本人と一緒に書庫の中にあるはずの物だ。明らかにこれは、kが辻褄合わせで『いかにも書庫の窓から出口が投げたような位置』に置いたことを示している」
 堂々とした沖渡の口調…そこに瀬戸川が尋ねた。
「…確かに鍵のことは不自然だと思いますけど、それはkが犯人だとしても同じことじゃないでしょうか?どうやるのかは知らないけど、書庫を密室にしたまま脱出できたんなら、その時に書庫の中に鍵を残しておけばいい。出口先輩の自殺をでっちあげたいんならなおさらです」
「その通りだ」
 沖渡は認めた。
「私もそれが不思議だった。何故鍵は中庭にあったのか…しかし、こう考えれば納得がいく。つまり『書庫を密室にして脱出するにはその鍵が必要だった』とね」
 福場が思わず口を開く。
「で、でも先生…」
「ところでだ」
 沖渡はそれを遮って続けた。
「みんな、ちょっと一般的に考えてみてくれ。今『ドアを開けたい』という目的があって、『鍵がかかったドア』と『そのドアには合わない鍵』があるとする。
 …さあ、みんなならどうする?」
 生徒たちは顔を見合わせる。沖渡は少し待ってから言った。
「…久保田、どうだ?」
 マニアックマンはバンダナをいじりながら答えた。
「そんなの…無理ですよ。合う鍵を探してこなくちゃ」
「そう」
沖渡は微笑んで答える。
「普通誰でもそう考えるんだ、『ドアに合う鍵を持ってこよう』…とね。しかし、今の目的はただ『ドアを開けたい』ってことだけなんだ。つまり…」
 数学教師はそこで一息ついて大きな声で言った。
「『鍵に合うドアを持ってくる』でもいいんだよ。ドアが開いて部屋に入れれば」
 福場が言う。
「先生、一体どういうことなのか…よくわからないんですが」
「うん、単刀直入に言おう。事件の時、書庫の廊下側には『書庫のドア』ではなく『図書室の後方のドア』がはまっていたんだよ」
「何だって?」
 マニアックマンが思わず叫んだ。
「そう、思わぬ盲点だろう?同じタイプのドアだから、交換は当然可能なわけだ。盗まれた鍵は図書室の前方・後方どちらのドアも開け閉めできる。つまり書庫の廊下側のドアと図書室の後方のドアが入れ代っていたら、図書室の鍵だけでどちらの部屋にも自由に出入りできるってわけだ。
 書庫に自由に出入りできたのだから書庫を密室にするなど簡単なこと。ただ施錠すればいいんだ。ただしそのために鍵は外に持って出なくちゃいけないのが唯一の欠点」
 生徒たちはみんな目を丸くしている。
「図書室で包丁の悪戯が起きたことで、私たちはみんなこの悪戯をするのが目的で図書室の鍵は盗まれたのだと考えた。だが実のところ、鍵は書庫を密室にする時に使うために盗まれたんだ。包丁の悪戯は言わばカムフラージュだったのさ。
 2つのドアが入れ代ればうまくいく…このことに気づいたのは、恥ずかしながら事件のかなり後のことだ。ある授業中に『解を持たない方程式でも係数を入れ換えるだけで簡単に解けるようになる』ってことに気づいてヒントを得たんだよ」
 福場にはおぼろげながらその授業の時の記憶があった。そう、沖渡のミスをクラスの秀才・徳永が指摘したあの授業だ。
「そうか…だからkは3つのドアの鍵穴を塞いだのか…」
 マニアックマンがポツリと言った。
「どういう事?」
 隣にいた渡辺が尋ねる。
「だってさ、そうしておかないと書庫の鍵が書庫のドアに合わないことになっちゃうだろう?そうなればすぐにドアが入れ代ってることがばれてしまう。
 でも鍵穴を塞いでおけば、同じタイプのドアだから全く見分けがつかなくなる。要するに同じドアばかりの学校という環境において、鍵穴がドアを見分ける唯一の手段なんだ。図書室の前方のドアの鍵穴も塞いだのはやっぱりカムフラージュだろう。問題の2つのドアだけ塞がれたんじゃやはり不自然だからね」
 そこでマニアックマンは沖渡に視線を向けて言葉を続けた。
「鍵穴が塞がれた以上、ドアは無理矢理壊して外すしかなくなる。つまり入れ代わっていた証拠も曖昧になっちゃうってわけです。…確かにすごい計画だ」
 自分でそう説明しながら、彼は何かに打ち震えていた。
「…今言った通りですよね、先生?」
 そう締めくくった彼に、沖渡は「そうだ」と少し嬉しそうに頷いた。
「で、でも…」
 今度は委員長が口を開く。
「確かにそれが本当なら話は…合います。でも、ドアを入れ換えるったって、いつどうやってやるんです?ドアを入れ換えるには両方のドアの鍵が必要だし、…1人でやるには大変な作業だと思います。それなりに重たいドアですし」
 続いて瀬戸川も意見した。
「僕もそう思います。それに目立ちすぎますよ、2つのドアを外して入れ換えてまたはめてなんて…そんなことしてたら」
 他の生徒たちも無言でその疑問に同意する。
「…確かにそうだ。だが、その作業を効率的に、しかもとても自然にできる機会がkにはあった」
「そんな機会があるんスか?一体…」
 と、平岡。
「図書委員はみんな知ってる、当たり前の機会だよ。それは…『大掃除』に他ならない」



「大掃除の時、全てのドアが雑巾掛けのために外された。入れ換えるには持ってこいの機会だ。kは事件の前日の大掃除を利用してドアの入れ換えを行なったんだ」
(まさかあの時からすでに犯罪計画が進んでいたなんて…)
 一瞬福場の背筋が凍った。
「みんな…これを見てくれ。これは昨日の個人面談でみんなから聞いた各自の大掃除中の行動だ」
 そう言いながら沖渡はカウンター裏から模造紙を取り出しそれをマグネットで先ほどの黒板に貼った。しばしの間、生徒たちはそれに目を通す。そこには各人の行動が時系列で書き込まれていた。沖渡は話を続ける。
「入れ換えられた2つのドアは、もともと位置的に近いところにある。よって外した時も多分近い位置に立てかけられたはずだ。だから戻す時にあべこべに戻したとしても、そんなに不自然はないだろう」
 その言葉に福場が何か言おうとしたが、沖渡は目でそれを制した。
「…このようにしてドア入れ換えに成功したkは、翌日の早朝6時のシャッター開放以降に出口を電話で図書室に呼び出した」
「しかし先生、そんな早朝に突然呼び出されて…わざわざ来るでしょうか」
 瀬戸川が意見する。それに対しても沖渡はやはり堂々と答えた。
「来る。何故ならその前日に包丁の悪戯が行なわれ、図書委員全員がそのことに少なからず興味を持っていたからだ。kは電話で出口に『包丁事件の犯人がわかったから、図書委員は今すぐ図書室に集合だ』とでも言ったんだろう。出口の性格から考えても、彼はワクワクして来たはずだ。つまり包丁の悪戯には『呼び出しの理由を作る』という目的もあったんだ。
 …実際今朝も同じ様な内容で瀬山に呼び出しをかけてもらったら、全員6時過ぎくらいに来れたじゃないか。出口も含めここにいる全員自転車通いで、1人暮らしも多いから十分可能ってわけだ」
「そのことを確認するために、こんな朝早くに呼び出したんですか?」
「そうだ、瀬山。色々すまなかったな」
 委員長は黙って曖昧に頷いた。
「…話を戻そう。kはうまく呼び出した出口をあらかじめ書庫から取り出しておいた『航空力学と飛行の論理』という重い本で殴る。そして書庫に彼とその本を運び込み、その他の状況もうまくセッティングして書庫を施錠。そしてその場を去る。
 …以上が出口の事件の真実だ」
 沖渡はそう言うと静かに目を閉じた。
「だ、誰なんですか、kってのは!いるんでしょう、この中に!」
 マニアックマンが立ち上がり、乗り出して全員に叫んだ。沖渡はゆっくりと目を開き、言葉を続ける。
「…考えてもみてくれ。大掃除の時にもしドア外しとドア戻しに同じ人物を立ち会わせたら、誰かが入れ換えに気づいてしまうかも知れないだろう?kは委員たちをドア入れ換えを効率的に行なう人材として利用したい反面、ドア入れ換えをしていることには絶対気づかれてはいけないという条件があった。
 つまり、kはうまくそうならないように委員たちを動かせる立場にある人物であり、自身はドア外し・ドア戻し両方に参加している人物。掃除の後、岡本先生から予備の図書室の鍵と書庫の鍵を借り、ドアが入れ代わっていることがばれないように鍵をうまく使い分けて図書室と書庫を施錠した人物。さらに早朝に委員たちを呼び出しても不自然ではない人物…。それは…」
 沖渡はそこで一息つく。委員たちの視線はその人物に集まった。
 …そして、沖渡は意を決したようにはっきりと言い切った。
「それは…図書委員長・瀬山夏夫しか有り得ない」




「…本気で言ってるんですか、先生」
 瀬山は瞳に明らかな敵意の色を浮かべて沖渡を見返した。
「そうだ。この模造紙の表を見てもわかるが、ドア外しとドア戻し両方に参加している人間は君しかいない。それどころか、他の誰1人両方の光景を見ている者はいないんだ。君がうまく指示してそうしたからだ」
 瀬山は何も言わない。沖渡は続けた。
「まず、1年男子3人がゴミ袋を取りに行っている間に福場と出口と一緒にドア外しをやる。そして福場と出口はその後机を洗うために駐車場に行った。…この2人が机洗いを希望することもある程度予想していたんじゃないのかな?まあ、希望しなかったら君が指示して行かせればいい。…ここでもあの包丁の悪戯が効いてるわけだ。
 そして、ドア外しを見ていた女子4人はドア戻しをやる前に帰宅させる。最後にドア外しの時その場にいなかった1年男子3人に今度はドア戻しをやらせた、もちろん福場と出口が戻ってくる前にだ。この時ドアをあべこべにはめさせたんだよ。
 …こうして君は図書委員たちをうまく使いながら、掃除に紛らせてドアの入れ換えを成功させた。委員長の君だからこそ、その時の状況を見ながらうまくみんなを動かせたんだ」
 沖渡が言葉を止めて瀬山を見る。数秒間をおいて瀬山が口を開いた。
「…でも、先生が言っているのは勝手な想像でしょう?僕はただ委員長として大掃除を仕切っていただけです。そこでドア入れ換えが行なわれたっていう証拠はどこにもないじゃないですか。そんなことで生徒を犯人扱いなんて…あなた、教師ですか?」
 沖渡は一瞬悲しそうな表情になったが、すぐにまた真剣な表情に戻って続けた。
「私がある授業中にドア入れ換えに気づいて急いで図書室に行った時には、すでに業者が3つともドアを外して乱暴にトラックに積んで帰るところだったんだ。ガラスも全部割れてた。だから、どのドアがどこにはまっていたかなんてもうわからなくなってしまっていたんだ」
「じゃあ…」
 一瞬、瀬山が強気になる。…が、沖渡はすぐに言った。
「しかし、思い出したんだよ。書庫をみんなで破る際にガラスを外した時、平岡が手を切ってしまったことを。あの時結構血が出てたからもしや…と思ったら、案の定だったよ。1つだけ血の付着したドアがあった。そして、警察に頼んでじっくりとそのドアの塞がれた鍵穴を調べてもらったら…書庫のドアのはずなのに図書室のドアだった。
 …これはドア入れ換えの立派な証拠だ」
「そんな…ぼ、僕は知らない!」
 瀬山はあくまで否定する。沖渡も退かない。
「他にもある。最初に説明したが、板村殺害は犯人にとって予定外の犯行だった。だからその時たまたま持っていた『何か』で衝動的に板村を殴ってしまった。その時、とはもちろんさっき話した緊急個人面談の時だ。
 確かあの時君は、魔法瓶型の水筒を持っていたね。あれで…殴ったんじゃないのかい?」
 瀬山は無言だ。
「あの水筒が壊れずに今もちゃんとあるって言うなら、見せてくれないか」
「…勝手な想像だ。水筒じゃなくても…例えば廊下に設置してある消火器とかで犯人は殴ったのかもしれない。そんなことで、自分の生徒を殺人者扱いするなんて…」
 他の生徒たちは何も言わずに…いや言えずに、ただ2人の言い合いを見守っていた。普段の彼とは別人のように両目をつり上げた険しい瀬山の顔…その様子に意を決したのか、沖渡は声を張り上げた。
「しょうがない…。岡本先生、お願いします!」
 沖渡がそう言うと司書室からのドアが開き、岡本とともに水田がそこに姿を現した。



 …沈黙。図書室内にいる人間は誰も動かない、誰も何も言わない。まるでこの部屋だけ時間が止まってしまったかのようだ。気づけば窓の外の闇は少しずつ薄まってきていた。
「…フフッ」
 カウンターの奥の水田を見ながら瀬山が息を漏らす。そして少し不敵な笑みを浮かべて沖渡に言った。
「先生、嘘をつきましたね?どういうつもりです、水田さんは事故に遭って病院で危険な状態だなんて言って…。大丈夫だったみたいじゃないですか。一体あなたは生徒を…」
 沖渡は静かに答えた。
「今の言葉で完全に証明されたよ…必要十分条件を満たした。犯人は君だ、瀬山」
「…え?」
「私は君たちに『誰が交通事故に遭ったか』なんて一言も言ってないんだよ。『2年の女子の1人が自転車で事故に遭った』としかね。
 それなのに…どうして君はそのことを知っているんだ?」
「そ、そんなの…!」
  瀬山は一瞬頬を引きつらせたが、すぐに表情を戻し言葉を返した。
「そ、それは…今朝来た時、刑事さんたちが話しているのをたまたま聞いたんですよ。『2年の水田唯という学生が昨日交通事故に遭った』って言ってました」
「…確かなことかい?」
 沖渡が目を丸くして尋ねた。瀬山は続ける。
「ええ、確かにそう聞きました。まあどの刑事さんだったかは憶えていませんけど…。それに同級生の交通事故の情報なんて、どこから入ってきていても別におかしくないでしょう?僕がそれを知っていたからって…それがそんなに重要ですか?」
 沖渡はそれには答えず静かに言った。
「水田、カウンター前に出てきてくれないか
」  水田は黙って頷くと、ゆっくり沖渡の横に歩み出た。カウンターに隠されていた彼女の全身が生徒たちの目にさらされたのだが…危険な状態どころかどこにも怪我をしている様子はない。
「どういう…事です?どこにも怪我を…」
 その瀬山の言葉に、悲しそうな目をした岡本が答えた。
「水田さんじゃないの…。事故に遭ったのは…西村さんなのよ」
「え?」
 驚く瀬山に沖渡が言う。
「実はな瀬山、昨日面談の時から水田は気分がよくなかったんだよ。それで自転車で帰るのは危ないと判断して、西村と交代したそうなんだ。水田も西村もJR通いだから広島駅まで行くからな。だから、水田は西村の定期を借りて市電に乗ってたんだ、駅で落ち合う約束でね。
 …だからな瀬山、どこからも『水田が事故に遭った』なんて情報が入ってくるはずがない、そんな事実がないんだから」
 沖渡はそこで水田を見ながら言う。
「普通2年女子の誰かが自転車で交通事故に遭ったと聞いて、水田が元気な姿で目の前に現れたら…もう1人の自転車通学者である須賀が事故に遭ったのだと考えるんじゃないかな。なあ、久保田?」
 すっかり静かになって座っていたマニアックマンが答えた。
「はい。水田先輩が司書室から出てきた時、そう思いました」
「だよな。なのに瀬山はずっと事故に遭ったのは水田だと信じて疑わなかった。…それは、水田の自転車のブレーキを壊しておいたのが瀬山自身だからだ。彼女を事故に遭わせるために…。だから交通事故の話を聞いた時、すぐにそれは水田のことだと判断した」
 沖渡は再び瀬山を見る。
「確かに君の細工で水田の自転車は事故に遭った…でも乗っていたのは彼女じゃなかったんだよ」
 瀬山は何も言わない。再び長い沈黙が図書室に訪れた。窓の外の闇はさらに影を潜めている。
「もう…いいじゃない、瀬山くん」
 岡本が静かに言った。それは…いつもの優しい岡本の口調だった。
「でも、どうして瀬山先輩は水田先輩まで…?」
 瀬戸川が小声で漏らす。沖渡も小さな声で答える。
「瀬山は…ずっと不安だったんだよ。出口を襲った後、瀬山は書庫を出る時に図書室と書庫を繋ぐドアがすでに施錠されていることに気づいたんだろう。計画では自分が施錠して書庫を密室にするはずだった。
 …先ほど話したが『あの鍵はもともと開いていた』という前提がなければ出口の自殺は成立しない。鍵を閉めた誰かがいるとなると、その誰かがもしそのことを証言してしまえば全てが狂ってしまう…。だから瀬山は『一体誰があのドアの鍵をかけたのか』をずっと考えていたんだ。まあ実際はそれは小笠原だったんだが…瀬山はそれを水田だと思ったんだろう」
「どうしてっスか?」
 と、平岡。
「これは私の推測だが、瀬山は図書室の掃除をしている時に書庫にいた水田があのドアを閉じるのを見たんじゃないかな。実際は閉めただけだったんだが、その記憶から瀬山は鍵を掛けたのも水田に違いないと判断した。事実須賀がその前に書庫からそのドアを通して瀬山を見たことを証言しているから、瀬山の方から書庫が見えていたとしてもおかしくない」
 沖渡はどこか辛そうに言葉を続ける。
「…しかし瀬山は悩んだ、果たして水田の口を封じるべきかどうか。幸いにして警察は『出口の自殺』の結論を出そうとしていた。そのままいけば水田を手にかける必要はなくなる。瀬山が何かと事件を調べるのに反対していたのはそのせいだ。しかし、私が個人面談などと細かく調べ始めた。そこでついに瀬山は水田の口を封じることを決意した。
 水田の自転車のブレーキを壊したのは、多分板村を襲ったすぐ後、その足で自転車置場に行ってやったんだろう。結局面談を行なったことが2つの事件を引き起こすきっかけと機会を瀬山に与えてしまったことになる…。そのことは本当に悪かったと思っている。そして瀬山は…」
「もういいです」
 瀬山は静かにそう言った。
「もう…わかりました。先生の解答はほぼ満点です、さすがですね。…うまくいかないもんです、完全犯罪なんてのは」
 瀬山はそう言うと立ち上がり、足早に前方のドアに向かった。
「おい待てよ、瀬山!」
 福場も立ち上がって呼びかける。瀬山は足を止めただけで振り返らずに答えた。
「これは…君の好きなミステリーじゃない。僕にとってはリアルな人生なんだ。…解決の後、真犯人の独白シーンなんて御免だ」
 瀬山はそれだけ言うと再び歩き始める。沖渡が言った。
「お前は立派な委員長だったよ、瀬山。きっと委員全員そう思っている」
 瀬山は再び足を止めた。
「皮肉にしか…聞こえません」
「図書室がうまく機能しているのは、あなたのおかげよ…瀬山くん。私は長年顧問をしているけど、今みたいに楽しそうな図書委員会は見たことがないわ」
 岡本はそう言って微笑む。いつもの優しい笑顔…それは犯人に対してではなく、1人の愛しい生徒に向けてのものだった。
「委員長、これからはもっと仕事しますから、安心しててください」
 と、マニアックマンがいつもの自信に満ちた声で言う。
「延滞者の問題も、なんとかするっス!」
 平岡もそう言って笑う。
「今まで、…ご苦労様」
 福場も色々言いたい事はあったはずだが…ただそれだけ言った。
「今度から1度に5冊借りても…いい?…瀬山くん」
 水田も優しく言う。
 たくさんの暖かい視線が彼の背中に集まっていた。しばらくの後、我らが委員長は言った。
「…いいよ、水田さん。本当にごめん…。いや、西村さんに言うべきかな…」
 その声は聞き取れないほど小さかったが、妙に穏やかに響いた。
「…あと、瀬戸川、次期委員長…頼む」
 瀬山はやはり振り向かないままそう言った。
「はい!わかりました!」
 瀬戸川はピシッと敬礼してみせる。
「じゃあ…」
 そう言うと瀬山は走って図書室を出ていった。




 瀬山夏夫は沖渡刑事に付き添われ、パトカーで学校を去った。いつの間にか完全に夜は明け、時刻は午前7時半を回っている。校舎内には窓から柔らかな朝日が差し込んできた。
 そして図書室、生徒たちはまた各自沈黙のまま席についていた。カウンター前には沖渡も無言のまま立ち、岡本は窓から中庭を見ている。
 そんな教師たちの姿を見ながら、福場はこの結末が果たして正しかったのかどうかを考えていた。瀬山をただ悪として憎むことはできない、しかし3人もの犠牲者を前に、真実というものの無力さを感じざるを得ない。誰もこれがハッピーエンドと呼べるはずもない…。

 その時、司書室からのドアが勢いよく開いた。全員そこに注目する。そこには似合わない笑顔を浮かべた原田がいた。
「いや~、ご苦労だったな、沖渡先生」
 そう言った原田の後ろから、少しためらいがちに2人の女子生徒が現れた。…須賀と西村である。西村の左足首には包帯が巻かれている。
「あれ?西村先輩…」
 瀬戸川が言う。
「実は…」
 いきなり沖渡が大声を出した。みんな驚いて彼に注目する。
「確かに西村は事故に遭ったんだが、運良くただの軽い捻挫ですんだんだよ。だからもう今朝退院なんだ。…須賀、付き添いありがとう」
「いえいえ」
 須賀が頭を掻くまねをしながら笑った。それはいつもの元気印の須賀の笑顔だ。他の委員や教師たちも合わせて笑う。
「何かこんなふうに笑うの…久しぶりね」
 西村が笑いながら言った。
「ハハハ、笑いついでにもう1つ、いやもう2つかな、嘘をばらさなくちゃならないんだ、みんなに。ね、岡本先生」
 沖渡が大声で笑いながら言った。数学教師は、あの直線的な構造の顔からは想像もつかないほど素敵な笑顔を見せている。
「ハイハイ、そうですそうです」
 岡本も涙を浮かべて笑う。
「嘘ってなんスか?」
 平岡が髭を擦りながら訊いた。沖渡が答える。
「実はな、板村は死んじゃいないんだよ。渡辺の早期発見のおかげで何とか一命を取り留めてるんだ。近いうちに…きっと意識も戻るだろうってことだ」
「本当ですか?やった、ウオオー!!」
 渡辺を含め、1年男子たちがいきなりお互いを抱きしめ始める。
「そして、もう1つ…」
 沖渡が人差し指を立てて言う。
「これは驚くぞ~、みんな。なんと、実は出口も無事だったりするんだな、これが」
「え~!!」
 生徒たちはもう狂乱状態だ。
「そ、そんな」
「学校からも死んだって報告が…、なあ」
「学校ぐるみで嘘ついてたのか?岡本先生なんてマジ辛そうだったのに」
 生徒たちが口々に叫ぶ中、教師達の笑顔ときたら…。そして原田が答える。
「もちろん、そんなことじゃないんだ。1度は確かに息を引き取ったんだよ、出口は。でも、息を吹き返したんだよ。昨日その報告を受けた時には、そりゃ驚いたの何のって…。酒井教頭が司書室にすっ飛んできたんだからなあ」
 福場は説明できない感情で胸がいっぱいになっていた。窓から差し込む朝の光…そのぬくもりは生命の弱さと強さ、不思議な優しさ、そしてかけがえのなさを囁いているように福場には感じられた。そしてその光の中、小笠原もそっと嬉し涙を隠している。
 気づけば、いつしか誰もがその瞳にうっすらと涙を浮かべていた…ただし沖渡を除いて。彼はただ屈託ない笑顔で言った。
「出口は幼い頃にも蘇生体験があるそうなんだ。そういう体質ってあるそうなんだな。う~ん、信じられんような本当の話だが。リハビリには時間がかかるかもしれんが、彼はきっと戻ってくるよ」
 福場は出口のあだ名、『天空』の由来を林から聞いた時のことを思い出していた。

 『あいつ、自分には臨死体験があるなんて言ってて…』

(あれは、本当だったんだな。
 あれ?てことは、瀬山は誰も殺してなんかいないってことに…。
 よかった、本当によかった…!)

 『ただ私は真相をつきとめて、綺麗に解決したいんだ』

 教師・沖渡の言葉は、ここに守られたことになる。
(お見事、そしてありがとうございました!)
 福場は心から沖渡に花束を、図書委員会に拍手を贈りたい気持ちだった。
「色々生意気なことを言ってすいませんでした、先生」
 マニアックマンがペコリと沖渡に頭を下げる。
「いや…気にしなくていい。それに、私は教師だよ?生徒の問題は解決しなくちゃね」
 笑顔の沖渡にマニアックマンは小さく溜め息を吐く。
「う~ん、…完敗です。本当に」
「授業中とは違って…全然間違いませんでしたね、今の講義」
 見せたことのない笑顔の小笠原が、茶目っ気たっぷりに言った。沖渡は頭を掻きながら答える。
「実は授業以外では絶対に間違えない男なんだ、私は」
「あら?そんなことないですよ」
 沖渡のギャグに岡本がつっこんだ。
「私、知ってますよ…沖渡先生のミス」
 沖渡は目を丸くして岡本の顔を凝視する。
「岡本先生…な、何です?渡し何か…」
 生徒たちも笑い声を止め、岡本の次の一言に注目する。
「火曜日の朝、印刷室でお会いした時、沖渡先生どの漫画家のファンだっておっしゃいました?」
「え?言ったでしょう、『萩原望都』さんですよ」
「…誰っスか?それ」
 平岡が言う。
「知らんのか?『11人いる!』とか『ポーの一族』とか『トーマの心臓』で有名な…」
「それは、『萩尾望都』さんですね」
 マニアックマンが専門家っぽく言う。
「あ、あれ?そうだったっけ?ずっと『萩原』だと思ってた…」
「ケンイチじゃないんだから…」
 と、須賀。
 その一言に再び爆笑が起こった。沖渡だけますます目を丸くしてオロオロしている。
「本当だ、先生やっぱり間違いまくり」
 福場はそう言いながら、本当に心から笑った。

 アカシア大学附属高等学校…生徒たちの自覚に任せる部分の多い、リスク管理の時代からすれば異質な信念を掲げた学校。ここには個性的な生徒や教師がたくさんいる。心から笑える雰囲気がある。まだ白紙の未来がある。自分を試せるチャンスがある。そう、自由がある…。
 今回は悲しい事件が起こってしまった…でも、誰も学校を恨んではいない。ここにいる事を悔やんではいない。
 みんな、フゾクが大好きだ!



 そのうちに他の生徒たちも登校してくる時刻となり、いつもの日常が始まった。ただし、この場に参加した生徒たちは授業中ずっと爆睡だったらしいが…。

  キーン、コーン、カーン、コーン…



エピローグへ
図書室トップへ
OIASトップページに戻る