OIAS公式Webサイト

図書室の悲惨  (福場将太・著)
■第五章「殺意噴出」



  1997年11月12日(水) 8:43 am

 2年4組の教室、授業は始まったばかりだというのに福場は全く身が入っていなかった。科目が彼の苦手な古典だったから、というのもあるのかもしれないが、福場の頭はまだ昨日の事件のことでいっぱいだった。

 …『ただ私は、あの悪戯をしたのが生徒にしろ教員にしろ外部の人間にしろ、真相をつきとめて綺麗に解決したいんだ』

 昨日の沖渡の言葉、これはそっくりそのまま福場自身の想いでもある。しかし福場は真実を知ることに少なからず自分が不安を感じていることもまた認識していた。
(もしこのままもう何も起こらなければ、それでいいか…)
 そんな想いにかられていた。無理もない、委員の中の誰かがあれをやったとして…それが誰にしろ衝撃が大きすぎる。いつもの遊び気分で推理を楽しんでいた自分を福場は少し恨めしく思った。
(そう言えば、今日出口は休みなんだな…)
 空っぽの彼の机を見ながら、福場は静かに目を閉じた。



 司書室、岡本は1時限目に授業担当がなく1人デスクにいた。原田は授業に出ていてすでに部屋にはいない。今朝学校に来た時、彼女はやはり不安だった。遠目に図書室のドアが開いていないことを確認できた時には胸を撫で下ろす想いだった。そして彼女は司書室に入り、壁のガラス越しに図書室内に異常がないことを確認すると、もう一度改めて安心したのだった。
(そろそろ図書室のドアを開ける時刻だな…)
 そう思うと彼女はデスクを立ち、廊下に出て図書室のドアに向かった。使用するのが未だに予備の鍵であることに昨日の光景が現実であったことが思い起こされるが、とりあえず今日はこのドアの向こうは平和な図書室なのだ。岡本は鍵を勢いよく鍵穴に差し込んだ…、いや、差し込もうとしたのだ。しかし…鍵が入らない。
 手元がずれているのかと思い何度か試みるが…入らない。おかしく思い彼女はよく鍵穴の部分を見る。
 すると…鍵穴が無い。正確に言うと、鍵穴が塞がれているのだ。穴に何かが詰められている。
「嘘、そんな…」
 岡本は急いで普段は開放しない図書室の後方のドアと、そのすぐ隣にある書庫のドアを確認した。
 …予感は的中した。
 いずれのドアも、同様に鍵穴が何か紙粘土のようなものを詰められ塞がれている。
(これは一体どういう…どういうことだろう?)
 彼女は結論を出すより先にまず司書室に戻り、そこから図書室に入った。見たところ室内に異常はない。一通り見回ってそれを確認すると今度は書庫へ繋がるドアに向かう。しかしそれは…開かない。
 図書室と書庫を繋ぐこのドアは、書庫側からしか施錠できない。しかも鍵などは存在せずドアノブのツマミを回すタイプだ。彼女は速くなる鼓動を全身で感じながら考える。
(生徒たちが書庫の本も閲覧できるように、このドアは普段から開けっ放しにしてあるはず。ドアを閉じることもなければ、施錠などすることもない。
 待て待て焦るな、これは昨日大掃除の時に、委員の誰かが施錠して帰ったのだ、そうに違いない…)
 岡本は自分に落ち着けと何度も言い聞かせる。小さく深呼吸すると、とりあえず現状を把握しようと頭の中を整理していく。
(廊下側は、図書室の前後2つのドアと書庫のドアの鍵穴が塞がれている。図書室内に異常はなく、図書室と書庫を繋ぐドアは書庫側から施錠されている。つまり…)
 岡本はそこで息を呑んだ。
(書庫には完全に入れなくなった…!!)




 福場が完全に眠りに落ちかけた瞬間、突然教室に沖渡が現れた。彼は自分の担当授業時間を勘違いして場違いな教室に登場するというポカを過去何度かやらかしていたが、今回はそんな様子ではない。彼は引き戸のドアを勢いよく開けると室内に踏み込んでくる。
「沖渡先生、どうされました?」
 教壇で古典を教えていた佐々木教員が戸惑いながらそう尋ねると、沖渡は小声で何やら伝える。佐々木の表情に明らかな驚きの色が表われた。そして無言で頷く。
 沖渡はそれを確認すると、直線的に口を大きく開いて言った。
「図書委員の生徒は、今すぐ一緒に来てくれ」



 福場が沖渡と廊下に出ると、そこにはすでに委員長と須賀、1年図書委員の全員が集合していた。
「あれ、出口くんは?確か4組でしょ?」
「ああ、今日休みみたいなんだ、あいつ」
 須賀の質問に福場が答えると沖渡が言った。
「そうか、ならしょうがない。あとは5組の西村と水田で全員だな、図書委員会に3年生はいないから」
 そう言いながら沖渡は隣の2年5組に向かう。どうやら1時限目は全員自分の教室での授業だったらしい。
「先生、何があったんですか?授業中に呼び出しなんて…」
 福場が言う。
「話は全員揃って、図書室に行ってからだ」
 沖渡は振り向かずにそう答え、2年5組に踏み込んでいった。
(図書室…?まさかまた『大工』が…)
 福場の心では好奇心よりはるかに大きい不安が膨らんでいた。



「何だこりゃ、鍵穴が塞がれてる。どういうことっスか?」
 現場を見た平岡がぶっきらぼうに言う。
「どういうことって、見たまんまだろう。またやりやがったのさ、『大工』が」
 そう答えたマニアックマンの瞳には怒りの色が見て取れる。
「まったく、いい加減にしろよな」
 と、いつも穏やかな瀬戸川も珍しく感情をあらわにする。
 そんなふうに委員たちが図書室前の廊下で騒ぐ中、後ろで沖渡は静かに言った。
「ふう…、やっぱり誰にも心当たりないか。昨日と同じだな」
 その横で岡本が沖渡に言う。
「すいません沖渡先生、また頼ってしまって。数学準備室は近かったし、先生は昨日の事もよく把握しておられるから、つい…」
「それは全然構いませんよ。むしろ光栄です。それよりも岡本先生、この状況では完全に書庫に入れなくなってしまったということですよね」
「そう…、そうなんです…。あっ」
 岡本はそこで確認しなければならないことを思い出した。
「ちょっと、みんな聞いて!」
 彼女は大きな声でそう言い、騒ぐ委員たちを静かにさせた。
「昨日、書庫と図書室の間のドアを誰か閉めた人いる?」
 …誰も答えない。いつもと違う岡本の強い語調に圧倒されて委員たちはオロオロと顔を見合わせるばかりだ。
「あ…」
 ようやく小笠原が何か思いついたように言いかけたが、西村が先に話し始めた。
「昨日書庫の掃除をしている間、確かそのドアは閉じてはいましたけど…施錠までは確認していません。ねえ、小笠原さん」
 小笠原は一瞬間をおいて、「そうです」と同意する。西村たちの意見に福場が付け加えた。
「昨日洗った机を戻して帰る時、そのドアが閉まっているのは見ました。なあ、瀬山」
 福場は昨日、図書室を出る前に室内を見回した時のことを思い出しながら言う。委員長も黙って頷く。
「ですが…施錠してあったかどうかまでは…」
「分かったわ…。ありがとう」
 岡本がそう答えると、次に沖渡が言った。
「ちょっとそのドアを見せてくれませんか?もちろん今までにも見たことはあるんですが、改めて」
 沖渡の言葉に従い、全員で司書室経由で図書室に入り、書庫へ繋がるそのドアまで行く。
「なるほど…。こちらの図書室側からは施錠できないんですね、ノブに何も付いてない」
「ええ、書庫側からだけです。それも鍵じゃなくツマミを回すタイプで…」
 岡本の答えを聞きながら、沖渡は何度かノブをガチャガチャと回してみる。そして言った。
「とりあえず書庫の中を確認した方がいいな。このドアか、廊下側のドア、どちらかを破って…」
「え…破るんですか?」
「岡本先生…多分書庫の内部に異常はないと思いますが、一応念のために。それにこれがまた『大工』の悪戯だとすると、前回よりグレードダウンしているようでしょう?昨日は包丁や赤い塗料まで用意したのに、今回はただ単に鍵穴を塞いだだけ。悪戯ってのはどんどんエスカレートするもんです」
「じゃあ、書庫の中にまた何か…?」
「不安にならないでください。あくまで念のためですよ」
 沖渡の感情を感じさせない目がやや鋭さを持って岡本を見る。
「そう…ですよね」
 彼女は無理に笑う。沖渡は続けた。
「ええ。どちらにしてもいずれは開けなくちゃなりませんから。え~と、どっちのドアを破ろうかな」
 その答えは誰の目にも明らかだった。図書室と書庫を繋ぐドアは『書庫』の名の通り金庫のように重くて頑丈なものだ。斧でも使わなければ破れない。対する廊下側のドアは図書室や他の多くの教室と同じ2枚セットの引き戸。銀色のアルミ製で、上下に大きなスリガラスが1枚ずつはまった形状だ。スリガラスをうまく割れば入室はそんなに難しいことではない。
 全員で再び廊下に出て書庫の正面に来る。沖渡が背広の上着を脱いで言った。
「じゃあ、ドアを破ろうか。男子、手伝ってくれ」
 2枚の引き戸のうち、左側のドアの下のスリガラスの四隅を慎重に沖渡・福場・瀬戸側が割る。そしてスリガラスをゆっくり取り外すとそれを委員長・マニアックマン・平岡に渡した。
「痛ッ」
 ふいに平岡が顔をしかめた。沖渡が目を丸くして言う。
「おい、大丈夫か」
「ええ、ちょっと指を切っちゃっただけです。あっちゃ~、結構血が出てる」
「気をつけてくれよ。よ~し…」
 スリガラスを外したことで生まれた50センチ×50センチほどの穴から沖渡がさっそうと書庫の中に入る。追って福場が、そして瀬戸川が入った。委員長とマニアックマン、平岡は外したスリガラスを持つ係になってしまったのでその機を逸したようだ。女子たちは廊下でその光景を静かに見守る。



「どうですか、福場先輩、特に何もないみたいですね」
「ああ、そうだな瀬戸川。うん、大丈夫みたい」
 書庫の空気はいつも通り少し冷たい。唯一の窓からの光を受けて蔵書たちが薄暗さの中にその背表紙をわずかに浮かび上がらせている。
「先生、大丈夫そうですね」
 福場が沖渡に問いかける。
「ああ…。…ん?」
 書庫の奥の方に入ったところで、沖渡がピタッと足を止める。
「こ、こりゃあ…えらいことだ」
「どうしたんです、先生?」
 福場が駆け寄ると、沖渡が床の何かを凝視したまま叫んだ。
「来るな!それよりも救急車だ!瀬戸川、急いで岡本先生に救急車を呼んでもらえ!」
 沖渡の大きな声が狭い室内に響く。
「えっ、あ、はい」
 何がなんだか分からずもその言葉に反応して瀬戸川はドアまで戻る。
「一体なんなんです、先生!」
 福場が沖渡の横から覗き込んで見たものは…。


 …そこには真っ白な顔をした出口遊が横たわっていた。

第六章へ
図書室トップへ
OIASトップページに戻る