OIAS公式Webサイト

図書室の悲惨  (福場将太・著)
■第八章「緊急個人面談」



  1997年11月13日(木) 8:50 am

 新しい朝が来た。警官が一晩中図書室を見張っていたこともあって、ようやく何事もない平和な朝がフゾクに訪れた。

 1時限目、2年4組では沖渡による数学の授業が行なわれていた。せっかちな人間なら耐えられなくなりそうなほど水を打ったように静かで波風のない授業。今日においてはその沈黙は生徒たちの視線をどうしても空席の出口遊の机へと誘ってしまう。学校側からは彼に関する新しい情報はない。果たして彼はどうなったのか…。便りがないのは良い便りなんて諺があるが、生徒たちの想像はどうしても悪い方へ向かってしまう。福場も同様だった。彼は出口の安否を案じながら、無言で板書する沖渡の背中をぼんやり見ていた。
(沖渡先生はこの事件をどう思っているのだろう。本当に解決してくれるのか?できるのか?そういえば、まだ林くんから得た情報を伝えていなかったな…。
 今朝は何も起こらなかった…。やっぱり『大工』は出口だったのか?)
 福場は小さく溜め息を吐く。
「というわけで、以上から実数xの条件は…」
 ようやく沖渡が口を開いた。そして、方程式を黒板に書き込む。

 x2-3x+4≦0

「これを因数分解して、xの条件は…、え~と…?」
 沖渡は目をまん丸にして方程式を凝視し始めた。そしてオイルが切れたロボットのようにピクリとも動かなくなってしまう。イージーミスや突然の行動停止も彼の授業の特徴である。
「先生、3と4が逆さまです」
 クラスの秀才・徳永がハスキーな声で指摘した。
「ああ、そうか。すまんすまん、書き間違えた。3と4を入れ換えたらうまくいくな…」
 自分でその式を導く過程を板書しておいて、どうして最後で書き間違えるのか不思議なところである。まあとりあえず正しい式が出たのだからこれで話は進む…とはいかないのが沖渡の授業である。彼はまたピクリとも動かなくなってしまった。徳永が腹立たしげに言う。
「先生!因数分解するとその式は(x-3)(x-1)≦0だから、xの範囲は1≦x≦3です!」
徳永の声が聞こえていないのか、沖渡は全く動かない。そして徳永がもう一言言おうとすると、ふいに手にしていたチョークを力強く置いた。沖渡は生徒たちの方に向き直り、直線的な笑顔を作る。
「今日は、ここまで!」
 そう言うと彼は勢いよく教室を出ていってしまった。生徒たちは何が何だかわからない。徳永はやれやれという顔をして自習に入る。福場はいつしか眠りに落ちていた。



 昼休憩、福場は昼食を弁当で済ませると沖渡の所に行く前に中庭の池に寄ってみた。直径3メートルほどの円形の池、その中央には直径50センチほどの島がある。水面を覗き込むと、小さな魚たちの群れが所々に目につく。福場は昨日の林の言葉を思い出しながらぼんやりとそれを見ていた。
「何してるんですか、福場先輩」
 振り返ると瀬戸川がいた。いつもの優しいその顔にも、やはりどこか元気がない。
「いや、池の魚たちを見てたんだよ」
「そうですか…。でも、やっぱり天空がいないと寂しいですね」
 まるで福場が考えていたことを見透かしたように瀬戸川はそう言った。
「知ってたのか?天空って鯉のこと…」
「ええ、結構有名ですよ。天空が死んだ時、委員長や西村先輩、マニアックマンなんかもショック受けてましたもん…。天空ファンはたくさんいたみたいです」
「ふ~ん、そうなのか」
 福場はそんな鯉について何も知らなかった自分を少し悔やんだ。
「ところで先輩…」
 瀬戸川が何か言いかけた時、校内放送のメロディが響いた。
「連絡です。図書委員に所属している生徒は今すぐ図書室に集合してください。くり返します、図書委員の生徒は図書室に集合してください…」



 午後0時45分、図書室には生徒たちが集っていた。午前中に業者がやってくれたのだろう、昨日鍵穴が塞がれた図書室の前後2つのドアと出口発見の際に破られた書庫の廊下側のドアは新しいものに入れ換えられていた。まあ新しい、といっても同じ引き戸識ドアだ。他の教室のドアと比べたら少し綺麗かな、というくらいである。また、書庫内部は未だ警察によって現場保存されたままだ。
 いきなりの召集にも関わらず、その場には委員たち全員が集っている…いや、小笠原遥香はいないようだ。まだ昼食の最中だったのだろう、平岡のようにパンをかじっている者や、瀬山のように魔法瓶型の水筒を持参してお茶を飲んでいる者もいる。
 また、昨日沖渡が名前を挙げていた1年男子・渡辺と板村の姿もあった。この2人は直接担任教師からここに集合するように言われたのだが、その理由はよく把握できていないようだ。2人ともキツネにつままれたような顔をしている。小柄であどけない顔が少年のような印象を与える渡辺太郎(わたなべ・たろう)、色白で控えめな存在感が気弱そうな印象を与える板村朋之(いたむら・ともゆき)。ともに平岡の友人であり、ごく一般的な男子生徒といったところだ。
 生徒たちはあまり会話なく図書室の適当な席に座っている。しかし包丁の傷跡が残る机だけは無意識に避けられていた。
 やがて司書室からのドアが開き、岡本と原田、そして沖渡が入ってくる。岡本と原田はそのまま窓際に立ち、沖渡は正面のカウンター前に出た。数学教師は生徒たちの顔を一通り見回すと、無言で頷いてから口を開く。
「今回は私が集合をかけた。急ですまないが、今から君たちに個人面談を行ないたい」
 一瞬生徒たちがざわめくが、それを制するように沖渡は言葉を続けた。
「もちろん進路相談などではなく、昨日ここで起こった悲しい事件を解決するためだ。ぜひ御協力願いたい。個人面談だから少し時間がかかるので、君たちには午後の授業を休んでもらいたい。担任の先生には話をつけてあるから心配はないよ」
 いつもにも増して大きな声の沖渡の迫力に圧倒されたのか、生徒たちは誰も反抗しなかった。それにこの場にいる多くの者が事件解決を望んでいるのだ…もしそこに何らかの希望があるのなら、藁にでもすがりたい気持ちで沖渡の提案を受け入れたのだろう。
 そこで窓際にいた原田が煙草を吹かしながら言った。
「刑事さんにも言われたから協力するんだが、沖渡先生、本当に必要な事なんでしょうな?」
 その刑事というのはやはり沖渡の兄の事だろうな、と福場は1人思った。
「ええ、必要なんです。これが最初で最後ですから」
「生徒を傷つけるようなことは言わないでくださいよ」
 そう言って厳しい目で沖渡を見ると、原田は司書室に引っ込んだ。沖渡は彼に無言で一礼すると、再び生徒たちに向き直る。
「では、その面談の前に岡本先生からお話があります。先生…お願いします」
 沖渡はカウンター前を岡本に譲った。彼女はゆっくり歩み出る。
「みんな…落ち着いて聞いてね。出口くんのことなんだけど…」
 その言葉は震えている。
「出口くんね、先ほど…息を引き取ったそうなの、病院で」
 室内の空気が凍りついた。岡本は涙をこらえて気丈に続ける。
「みんな…彼のことをいつまでも忘れないでね。沖渡先生が出口くんのためにも事件を綺麗に解決したいっておっしゃるから、みんなで協力しましょう」
 後半はほとんど聞こえないような小さな声だった。そして涙を隠すように彼女も司書室へ引っ込んだ。
 心のどこかで予想はしていたとはいえ、あまりに重い悲報の前に生徒たちはただ沈黙するしかなかった。沖渡が再び口を開く。
「みんな、辛いだろうがここが踏ん張りどころだ。協力してくれるな」
 その表情はまるで怒っているかのように険しい。
「…では、隣の数学準備室に1人ずつ来てくれ。順番は適当でいい」
 そう言うと沖渡は廊下に出て、そのまま数学準備室の方へ歩いていった。一蹴の間をおいて福場が立ち上がる。彼も沖渡を追うように図書室を出ていった。
 その場に残された生徒たち…窓からは優しい秋の陽光が差し込んでいる。
「…死んじゃったのか、出口先輩。自殺成功ってわけか」
 福場の姿が見えなくなってから、マニアックマンがポツリと言った。
「やめろよ、久保田!それにそうじゃないかもしれないから沖渡先生が調べてるんだろ?」
 瀬戸川が言う。
「そうじゃない?他に考えようがないじゃないか。出口先輩は変わり者で有名だった…だから変な演出で自殺したんだよ!」
「やめろ、お前ら!」
 委員長が立ち上がって2人を諭した。
「じゃあ先輩はどう思ってるんですか、この事件」
 マニアックマンは喰ってかかる。彼は苛立っているようだ。
「それは…僕にもわからない。ただ、この面談は傷を掘り返すことにしかならないんじゃないか…とは思う。みんな辛いのに、…今更何を話すっていうんだ。だから久保田…お前も迂闊なことは言うな」
 委員長がここまで感情をあらわにするのをみんな初めて見たのだろう、その場は一同に静かになった。時計の針の音だけが図書室に響く。
 しばらくして、ようやく須賀がポツリと言った。
「そう言えば…今日も小笠原さん、休みみたいだね…」




「沖渡先生、福場です。入りますよ」
 そう言って福場は数学準備室のドアを引く。沖渡は自分のデスクに深く腰掛けていた。
「ああ、…じゃあ、その辺りの椅子に座ってくれ」
 室内に他の教員はいない。福場は近くの椅子に座ると、早速切り出した。
「先生、面談の前に話を聞いてください」
 福場は昨日林から得た情報を伝えた。沖渡は黙ってそれを聞き、福場が話し終えた後もしばらく目を閉じて何やら考えていたが…やがて目を開いて言う。
「鯉…『天空』…?とするともしかしてあれは…、そうか、そうに違いない!」
 沖渡は少し興奮しているように見えた。
「先生、何か?」
「いや、今の話で『大工』の正体に一歩近づけたよ。…ええと、それと小笠原…か。確か彼女は今日休みみたいだね」
「ええ…。小笠原さんは昨日も早退したようです。やっぱりまだショックが大きいんでしょうか」
「…多分ね。それにもしかしたら彼女は…全てをひっくり返せるような事実を握っているのかもしれない」
 その言葉に福場はすぐに飛びつく。
「それはどういう意味ですか?」
「いや、まだ話せない…近いうちに言うよ。では、面談を開始しよう」
 沖渡がそう切り出したので、福場は従うしかなかった。
「あ、はい、何なりと訊いてください」
「まず君はどこに住んでいる?通学方法は?通学にかかる時間も教えてくれ」
「は、はい。学校の近くのアパートに1人暮らしです。通学方法は自転車で、だいたい20分ぐらいかかります」
 高校生にして1人暮らし、という福場の生活はけして珍しいことではない。フゾクの生徒においてアパートや下宿住まいの者はけして少なくないのだ。一応名門校のため地方から受験してくる者が多いのがその理由である。以前は学生寮もあったらしいが現在はそれもなく、遠距離通学よりも学校の近くに住むことを選択する生徒はたくさんいる。
「…そうか。で、一昨日と昨日の登校時刻・下校時刻は?」
「だいたいいつも朝学校に来るのは8時半くらいです。帰ったのは…、ええと、一昨日は大掃除が終わってからだから…5時くらいだと思います。昨日は平岡と先生とで話した後そのまま帰りました。だから…4時過ぎかな」
「うん、…なるほど」
 そう言いながら沖渡は手元のノートに何かしらメモした。福場には彼の意図がわからない。
「じゃあ、一昨日の大掃除中の行動を思い出してくれ。自分の行動、他の委員の行動…」
「え、何ですって?大掃除…?」
 福場にはますますわけがわからない。事件についての面談のはずなのに…沖渡は何故そんなことを訊いてくるのか?
「ああ。私の考えでは一昨日の大掃除の最中に、犯人は『ある行動』をとったはずなんだ」
「ある行動?」
「う~ん、いちいち尋ねられちゃやりづらいな。まあ、…下準備というか」
「すいません、答えます」
 福場は今は自分の疑問は置いておき、とにかく沖渡に従うことにした。
「ええと、大掃除の時の行動ですね…。
 あの時は…、そうまず出口と瀬山と一緒にドアを外しました。司書室と図書室と書庫の廊下側のドアです。その後出口と塗料で悪戯されたあの机を運び出して、駐車場でずっとそれを洗ってました。だからその間、他のみんなの行動は見てないんです…」
「うん、続けて」
 沖渡はそう促す。
「ええと、机を洗い終わって乾かしたら、出口と図書室まで運んで、もとの場所に戻しました。もうその時瀬山以外は誰もいませんでした。掃除が終わって先に帰ったんでしょう。
 その後は…そうだ、3人で窓の施錠を確認して、残ってた図書室の前の方のドアをはめました」
「君と出口が机を運んで戻った時、まだドアは外されてたのか?」
「はい。そうじゃないと机が運び込めませんから。図書室の後ろのドアとか、司書室や書庫のドアはもうはめられてましたけど」
「…なるほど。で、ドアを戻してどうしたんだい?」
「ドアを施錠して帰りましたよ」
 福場は思い出しながらそう答えた。
「その時、確かに書庫の廊下側のドアも施錠した?」
「ええ、3人で確認しましたから間違いありません」
「じゃあ図書室から書庫へ入るあの重たいドアは…どうだ?」
 この質問だけは福場も予想していた。
「それなんですよね…。閉まってたのは見たんですけど、鍵がかかってたかどうかは確認しなかったんです。もしあのドアを書庫側から施錠して、その上で書庫の老化側のドアを施錠してれば誰も書庫に入れないから…こんなことは起こらなかったのに…」
 福場の心にまたあの悔しさがこみ上げる。沖渡はそれを断ち切るように大きな声で言った。
「…ご苦労、以上だ。お疲れ様!」
 そして沖渡は頭を掻きながら壁の時計を見る。
「…にしてもこのペースで面談してたら日が暮れちゃうなあ。あらかじめ黒板に質問内容を書いておくことにしよう。じゃあ福場、次の人を呼んできてくれ。10分後くらいがいいな」
「あ、はい…」
 結局何が何だかわからないまま福場は腰を上げる。そして部屋を出ようとしたが、沖渡がそれを呼び止めた。
「あ、福場、それともう1つ頼みが…」



「瀬山です、入りますよ」
 委員長が数学準備室に入る。沖渡はデスクにいて、その横には何やら文字の書かれたキャスター付きの黒板が置かれていた。
「適当に座ってくれ。そしてこの黒板に書いてある質問に答えてくれ。後がつかえてるので敏速に頼む」
 黒板には彼特有の機械的な丸文字で質問内容が書かれていた。

①あなたの住んでいる場所(実家ではなく今現在のもの)、同居人の有無
②そこからの通学方法・所用時間
③昨日・一昨日の登校時間
④  〃    下校時間
⑤一昨日の大掃除における自分の行動・気がついた他者の行動
*質問内容に対する質問は控えてください。その他言いたいことがあればどうぞ。

 瀬山は多少やり方に理不尽さを感じながらも、順番に答えた。
「①は近くのアパートに1人暮らしです。同居人はいません」
「ご両親は?」
「昔…両親が離婚しまして、僕は母方に引き取られているのですが、母も遠方におりまして…」
「そう…。止めてすまん、続けて」
 数学教師はそう促した。図書委員長は続ける。
「②は自転車で25分くらいですね。③は昨日・一昨日ともに8時15分くらいだと思います。④は…一昨日は大掃除の後だから5時くらい…、昨日は…疲れてたから6限終了後すぐ帰りましたよ」
 委員長の言葉に、沖渡はメモを走らせている。
「⑤…大掃除、ですか?ええと…まずワックスを取りに行って、帰りに出口と会って、戻ってみんなに掃除の分担の指示を出しました。その後、図書室の掃除を…、あ、その前に福場と出口とドア外しをやりました。そうだ、図書室の掃除には途中から1年生男子3人も加わりました。あいつらには最初、ドアを外した敷居の部分の掃除をやってもらってたんです」
「敷居の…?あ、ドアをはめるレールの部分だね」
「はい。ホコリが詰まるとドアがうまく滑らなくなりますから。先生…僕の見る限りみんなちゃんとやっていましたよ。図書室から書庫へのドアは閉じていたので、書庫の掃除をしていた女子の様子は見えませんでしたが…」
 沖渡はメモをを走らせ続ける。委員長は話し続けるしかなかった。
「4時半頃、女子が書庫の掃除が終わったと 報告に来たので帰宅許可を出しました。その後、図書室の掃除も終わったので、1年生男子と外したドアを戻して、彼らも帰しました。あ、でも図書室の前の方のドアは洗った机を運び入れるためにまだ戻しませんでしたけど…。
 その後5分くらいしたら福場と出口がその机を持ってきたので一緒に机を戻しました。それから窓を施錠して、外してたドアを戻しました」
 沖渡は黙って聞いている。
「最後に僕が岡本先生に鍵を借りて書庫と図書室を施錠しました。施錠は福場と出口も確認してくれました。そして鍵を返して下校しました。…だいたいこんな感じですかね」
「う~ん、大変だったみたいだね、色々仕事して」
「まあ、一応委員長ですから」
「ところで1年男子3人を帰してから福場たちが戻ってくるまでの間、何をしていたんだい?」
「どういう意味です?何でそんな細かく調べる必要があるんですか!そもそもなんで大掃除について訊いたりするんです?」
 瀬山はいい加減腹立たしくなってそう返す。
「…必要なんだ」
 沖渡は無表情にただそう答えるだけだった。
「…特に何もしていませんでしたよ!5分くらいのことですし、多分本棚の本をぼんやりと見てたと思います!」
「それを証明できる人は?」
「いませんよ!1人だったんです!」
 最後に何やらメモすると、一息ついて沖渡は言った。
「…ありがとう瀬山、以上だ」
 「そうですか、じゃあ!」
 委員長は憤慨してさっさと数学準備室を出る。優等生で通っている彼が教師に対してこんな態度をとったのもおそらくは初めてのことだった。



「あ、どうだった、瀬山?」
 図書室に戻って来た委員長に福場が言った。
「一体何なんだ、あれは?まるで警察の尋問だった。不愉快だなあ。みんな、嫌だったらこんな面談受けなくてもいいよ。義務じゃないんだから」
「まあそう言うなよ瀬山、先生も一生懸命やってるんだからさ」
「でもさ…」
「どうやら先生は出口先輩が『大工』だとは思ってないようっスね」
 平岡が口を挟んだ。
「それ、どういうこと?」
 西村が尋ねる。答えたのはマニアックマンだった。
「この中に実は真犯人がいる、なんて考えてんでしょう、多分。月曜日に司書室から鍵を盗んで、火曜日に包丁を机に突き立てて、あげくに水曜日には出口先輩の命を奪った『大工』が」
 彼はバンダナを直しながら薄笑いを浮かべる。
「そ、そんな…」
 須賀が怯えたような声で言う。その横で水田は目を閉じて何やら考えているようだった。
「やめてくれよ、真犯人だって?図書委員ならともかく何で俺たちまで疑われなくちゃいけないんだよ!」
 部屋の隅に静かに座っていた板村が急に立ち上がって言った。
「そうだよ、関係ないよ、俺たちは。帰ろう」
 そう言って隣に座っていた渡辺も立ち上がる。
「ちょ、ちょっと待って君たち…」
 福場の言葉を無視して2人はさっさと図書室を出ていく。その刹那、板村が一瞬こちらを振り返ったように福場には見えた。
(…何だ?
 何を、振り返ったんだろう?物、人、…それとも…。
 でも確かに、何かに視線を送ったような…)
「まあ無理ないよな。誰だって疑われて気分がいいわけがない」
 2人が出ていった後、委員長がそう呟いた。室内の空気がどんどん重くなりつつある。
「とにかく、僕は授業に戻るとするよ。後は適当にやってくれ」
 そう言って委員長は脱いでいた学ランを着、荷物を持つと図書室を出ていった。
 …しばしの沈黙。そしてマニアックマンがバンダナをピシッと締めると立ち上がった。
「じゃあ、次俺が行ってきます。俺は結構楽しい状況だと思いますよ、これ…」



「①は下宿ですけど、まあ1人暮らしです。②は自転車で片道15分。③は昨日も一昨日もいつも通り8時半頃だと思います。④は…一昨日は、確か大掃除の後もまだ帰らずに教室で自習してましたよ。6時から塾だったんで。昨日は…6限終了後すぐに帰りました。ああ、自転車置場で委員長に会いましたね。校門まで一緒に行って、そこで別れて…。
 え~と、⑤は…どうでしたかね」
 数学準備室ではマニアックマンの面談が始まり、沖渡はメモを走らせていた。マニアックマンは自分には何も隠し立てすることはないというように、流暢に黒板の質問に答え続けている。
「ええとですね、掃除の時は…最初、廊下の掃除をしてました。その後先生と委員長に指示を受けて、瀬戸川と平岡とゴミ袋を保健室に取りに行きました。戻ったらドアが外されていたので、指示通り敷居の溝に詰まったホコリや土を取ってました。それが終わったら図書室内の掃除に移りました。
 …あ、そうだ。その前にレポートを出しに行きました、確か」
「レポート、とは?」
「物理のレポート提出、遅れてたんですよ。それを思い出して、ドアの溝の掃除の後で物理準備室の藤川先生にレポートを持っていきました」
「…それを証明できる人は?」
「…当然藤川先生ですよ」
「君がそのことで図書室を離れていたのはどのくらいの時間だい?」
「教室に戻ってレポート持って、それから物理準備室だから…それでもせいぜい10分くらいだと思います」
 沖渡は何やらメモして、少し笑って言った。
「うん、続けて」
「物理準備室から戻って、図書室掃除に加わりました。それが終わったら委員長と4人でドア戻しをやって、帰宅許可をもらいました。その後はさっき言いましたよね」
「うん…、教室で自習だね。ところで図書室掃除中、書庫へのドアはどうだった?開いてたのか閉じてたのか…」
「…閉じてましたね。鍵は…分かりませんけど、まあかかってなかったでしょう」
 マニアックマンの言葉は常に自信に満ちている。そんな彼に沖渡がメモを止めて尋ねた。
「…何故、施錠されていなかったと思うんだい?」
「いつも鍵はかけないドアですし、そうじゃないと昨日の事件が解けませんから。先生、出口先輩は演出過剰な自殺をしたんですよ、それしか有り得ません。
 先輩は盗んだ鍵でドアを開けて図書室に入る。一度窓から廊下に出てさっき入ったドアを施錠する。そして年度で鍵穴を塞いだんです。その後窓から図書室に戻って窓を施錠する。これで密室は完成です。後は図書室から書庫に入って自分で頭を撲ったんです」
「…他殺だとは考えないのかい?」
 沖渡は感情のない声でそう言った。
「だって不可能ですから。出口先輩はもしかしたら誰かに殺されたってのを演出したかったのかもしれません。でもつい書庫にも内側から鍵をかけてしまった。これであの密室を作り出せるのは出口先輩本人だけになってしまったんです。
 もし他の人物が書庫の中にいたのなら、書庫を密室にしたまま脱出できるわけがない。図書室と書庫を繋ぐあのドアは書庫側からしか施錠できないんですから。窓は小さすぎるししかも4階で人が出入りするのは不可能です」
「…ありがとう、久保田。以上だ」



「じゃあ、瀬戸川、始めてくれ」
 沖渡に言われ、瀬戸川の面談が始まった。
「①はアパートで1人暮らしです。②は自転車です。片道25分ほどですかね、平均して。③は両方とも8時35分くらいだと思います。④は一昨日は…大掃除の後すぐだから、4時半くらいかな。平岡と一緒に帰りました。昨日の下校時刻は…4時頃かな」
「ホームルーム終了は遅くても3時半頃だよな。それからの30分は何をしてた?」
 沖渡がメモをしながら尋ねる。
「ええと…確か教室で友達と駄弁ってましたね」
「なるほど…。続けて」
「⑤ですね…」
 瀬戸川は余計な質問などせず素直に応じた。
「大掃除、最初は廊下掃除をしましたね。その後指示を受けて自分の役割を把握しました。まず、ゴミ袋を取りに行きました。戻ってからドアの敷居の溝のホコリを取って…そして図書室掃除に移りました。ずっと平岡と久保田と一緒に行動してました。それが終わったら…委員長と4人で外してあったドアを戻して、許可が出たので帰りました」
「他の委員の行動で、気になったことってあるかい?」
「いえ…特に何も思いませんでしたけど。みんないつも通りで…強いて言うなら『大工』の話題が多かったくらいですね。変な行動してる人なんていませんでした」
「君自身は掃除の途中で図書室を抜け出したりとかはしてない?」
 瀬戸川はそこで少し考えてから答える。
「…そういえば1度だけトイレに行きました。図書室掃除の最中に。4階のトイレは清掃中だったから3階のトイレでしたけど」
「…そう。ところで掃除中に図書室から書庫へのドアは開いてた?」
「いや、僕たちが図書室掃除に入った時にはもう閉まってたと思います」
「施錠は確認した?」
「いえ、閉まってるのを見ただけでドアには触れていません」
 瀬戸川はただ質問にだけ答える。沖渡は満足そうにメモを終えて言った。
「よし、ありがとう。以上だ」



「僕は何を言えばいいんスか?」
 そう言いながら平岡は数学準備室に入ってきた。
「この黒板を見てくれ」
 平岡に椅子を促しながら沖渡は言った。
「ああ…なるほど。まず①は親戚の叔父さんの家に住んでます。叔母さんもいます。②は自転車です。だいたい40分くらいですかね」
 平岡は腰掛けてからそう答えた。
「40分…ずいぶん長いね」
「そうなんスよ。だから僕は学校の近くに1人暮らししたいって言ったんですけど、親が許してくれなくて」
「…続けて」
「はい。③は…一昨日は8時半頃で、昨日は7時くらいに来ましたね」
「7時に登校?これまたずいぶん早いね」
「はい、実は物理のレポートをやってなかったもので。レポートに必要なデータを教室に忘れて帰ってたんスよ。それで朝早く来てやったんです。何とか藤川先生が待ってくれたんで。
 …そういえば、自転車置場に出口先輩の自転車がもうあったのを憶えています。教室に行く時、廊下で須賀先輩にも会いました」
「そうか…朝7時、出口、須賀…ね。よし、続けて」
 メモを走らせながら沖渡は促す。
「④ですね。一昨日は掃除終了後、だから4時半頃に瀬戸川と下校しました。久保田はなんかやることがあるからって教室に。昨日は福場先輩と先生と話した後、そのまま下校しました。ええと、⑤…大掃除は…」
 平岡がそこで口ごもると、沖渡が言った。
「廊下掃除の後、指示を受けて保健室にゴミ袋を取りに行き、その後ドアの溝のホコリ取り、図書室掃除、ドア戻し…これでいいかい?」
「え、ええ、多分その通りです。あ、そうか、久保田たちから聞いたんスね」
 沖渡にサラリト言われて、平岡は少し驚いたようだ。
「その一連の大掃除で、一時的に何か他のことをしたかい?その場を離れたとか」
「いえ、別に…。終わるまでずっと図書室にいましたよ」
「他の委員はどうだったかな?」
「あ、久保田がレポートを出しに行くとか言って抜けて、瀬戸川がその後ちょっとして追うようにトイレに行きました。少しして2人とも戻ってきました」
「その戻ってきた順番は?」
「ん~と、久保田、瀬戸川…かな」
「他に気になったことはあるかい?」
「別に…ないです」
「ふむ、じゃあ最後に訊くけど…掃除中、図書室から書庫へのドアは開いてた?」
 そこで平岡はまた少し口ごもってから、ゆっくりと答えた。
「僕の記憶ではずっと閉まってたような…。図書室を掃除してる時、書庫で掃除してる女子の姿を見た憶えがないですから」
「OK、以上だ」
 沖渡がメモを終える。平岡はそこで腰を上げ、立ち去り際に言った。
「そういえば先生、板村と渡辺なんスけど…自分たちには関係ないって帰っちゃったんですよ」
 沖渡はそれには答えず、ただ黙ってメモを見つめていた。




 平岡は数学準備室を出て図書室に戻った。壁の時計を見ると、もう6時限目に半分食い込んだ時刻。室内には5人の人間がいた。福場はカウンターに寄りかかって何やら考えている。須賀・西村・ 水田は中庭側の机に集まって、小声で話している。そしていつ来たのか岡本がいて、前方のドア近くに立っていた。
「あら、平岡くん、どうだった?」
「いや、まあ、普通のお話でしたよ。…僕はこれから授業に戻りますんで。もうあんまり残り時間ないですけど」
 平岡は少し真面目さを出して微笑む。彼なりに岡本を元気づけようとしているのかもしれない。
「そう…」
「先生、元気出してくださいね。出口先輩のことは…先生の責任じゃないっスよ」
「うん…ありがとう」
 岡本は弱い笑顔で答える。平岡は髭を擦ってもう1度微笑んでからその場を去った。
 彼が姿を消して数分後、須賀・西村・水田が静かに立ち上がった。そんな彼女たちに、福場が急に我に戻ったように声をかけた。
「あ、次、君たちの面談か。誰から行くの?」
 西村が低い声で答える。
「私たちは…3人で行くわ」



「あれ、3人一緒に来たのかい?」
 数学準備室へ女子3人が入ると、沖渡が目を丸くして言った。
「はい。…何か差し障りありますか?」
 と、水田。
「う~ん、まあ、時間も押してるし、正直に答えてくれるなら問題ないよ。じゃあこの黒板を見てくれ。…①から④は1人ずつ答えてもらおうかな」
 3人が椅子に座るのを待ってから沖渡は続けた。
「よし、じゃあ、須賀から」
 須賀は黒板を見て、コクンと頷いて始めた。
「①は、おばあちゃんの家に2人で住んでいます。②は自転車で、片道20分くらいです。③は一昨日、昨日とも普段通り8時半くらい…だと思いますけど…」
 沖渡は何やらメモのページを戻しながら聞き入っている。
「④は一昨日は大掃除が終わってからだから…午後4時半くらい、だったかな。委員長に許可をもらって…。そうだよね、唯ちゃん」
 水田は無言で頷いた。沖渡がそれを確認するのを待って、須賀が続ける。
「昨日は先生と図書室で会って話した後だから…下校は4時15分くらいだと思います」
 そこで西村と水田も頷く。
「…なるほど。ところで君は1つ嘘をついてないかい?」
 突然、沖渡が強い口調ではっきりとそう言った。須賀が不意を突かれたようにギョッとして答える。
「そ、そんな。何が嘘だって言うんです?」
「昨日の朝、7時頃平岡が君に廊下で会ったと言っていたんだ」
 須賀がハッとして言った。
「あ、そうだ!すいません、忘れてました!昨日は早く来たんでした」
「理由は?」
 沖渡の追及は続く。
「その前の夜、とても眠たかったんで宿題やらずに寝ちゃったんです。だから、早起きして学校でやろうと…」
「なるほど。…では、次は西村頼む」
 西村は取り乱した須賀を少し気にしながらも、ゆっくりと話し始める。
「は、はい。①は呉市の実家で家族と一緒に住んでます。だから②はJRで呉駅から広島駅まで40分くらい、駅からここまで市内電車で30分。ですから、徒歩とか待ち時間を合わせると…全部で1時間半くらいかかります」
 沖渡はまた無言でメモを走らせる。
「③は昨日も一昨日も8時半過ぎで間違いありません、毎日同じ電車で来ますから。④は、須賀さんと同じだから…」
「一昨日は大掃除の後で4時半、昨日が私と図書室で話した後の4時15分」
「は、はい、そうです」 
「…よし。次、水田」
 西村に代わって水田が口を開く。
「私も西条の実家に家族と住んでいます。②はJRで広島駅まで来て、そこから学校まで自転車です。全部で1時間15分くらいだと思います。
 ③は…、一昨日も昨日もともに8時20分くらいです。④は須賀さんや西村さんと同じ…です」
 冷静に答えていた水田の口調がそこで少しもたつき、彼女は額を右手で支えた。
「どうした、大丈夫か?」
 沖渡が目を丸くする。
「すいません…、少し気分が優れないもので…」
「そうか、もう少しで終わるから…頑張ってくれ」
 沖渡はゆっくりと視線を3人に向けた。
「では⑤だな。3人で思い出してみてくれ。…そうだな、須賀、先導してくれ」
「あ、はい、ええと…」
 元気印の左右にはねた髪を左手で触りながら、須賀が話し始める。
「大掃除の時間が始まって、まず司書室の掃除をしてました。そのうちに委員長がワックスを持ってきたので、委員全員司書室に集まって指示を受けました。…指示通りにまず男子たちが外してくれたドアを雑巾で拭いて、その後書庫の掃除に移りました」
「福場たちがドアを外している間、どこにいた?」
「廊下でそれを見ていました。で、外されたドアから拭き始めました」
 沖渡の細かい質問に戸惑いながらも、須賀は答えた。
「じゃあ、それが終わって書庫の掃除に移った時、他の委員たちは何をしてた?」
「う~ん、委員長は図書室を箒ではいてた…かな。福場くんと出口くんは洗う机を外に運んで行くところでした。1年男子は…原田先生の指示で保健室にゴミ袋を取りに行ってたようだけど、まだ戻ってきてませんでした。書庫の掃除を始めて5分くらいしてかな…1年男子が戻ってきて敷居の溝の掃除を始めました」
「君たちが書庫に入って掃除を始めた時、書庫と図書室を繋ぐドアは開いていた?」
 須賀は記憶を整理するようにゆっくりと答える。
「いつも開いてたから開いてたんじゃないかと…。あ、確かに開いてました!だって図書室の委員長をそのドア越しに見たんだから」
 沖渡はそこでメモを止め、3人を見て静かに言った。
「そうか…。じゃあ、閉めたのは誰だ?」
「え?どういうこと…ですか」
 西村が返した。
「1年男子たちの話だと、彼らが図書室の掃除に移った時そのドアは閉まっていたそうだよ。君たちが書庫の掃除を始めた時点で開いていたのなら、その後誰かが閉めなきゃ辻褄が合わない」
「でも…」
 戸惑う西村。
「あ、あの…」
 続いて須賀が何か言いかけた時、水田が口を開いた。
「閉めたのは私です。書庫の掃除の時、なんとなく…邪魔だったので。あのドアは書庫側に開くタイプですから」
「その時鍵もかけたかい?」
「いいえ、ただ閉めただけです」
 水田はまだ気分が悪いのだろう、右手で額を押さえている。
「…そうか。他にあのドアに触れた人はいるかい?」
 沖渡は須賀と西村に交互に視線を投げかけたが、2人とも無言で首を横に振った。少し待ってから水田が付け加える。
「書庫の掃除が終わった時も、女子全員廊下側から出ました。まだドアがはまってなかったので、何となく広い方から出たんだと思います。それから、図書室へ行って、委員長に許可をもらって帰りました」
 沖渡は何やらメモを一生懸命取りながら言った。
「確認するが、今話してくれた全ての行動は君たち3人と小笠原、常に一緒だったんだね?」
 3人は頷く。
「掃除の間、誰かがその場を離れたりとかもなかったかい?」
 やはり頷くだけの3人。その後西村が恐る恐る尋ねた。
「先生、なんでそんなに図書室と書庫を繋ぐドアにこだわるんですか?こんな面談までして…」
「…『密室の要』だからだよ」
「要って…」
 沖渡はメモノートをパタンと閉じ、西村の言葉を遮って言った。
「以上だ。君たち、ご苦労様。気をつけて帰れよ」
 その時、6時限目終了のチャイムが鳴った。



 須賀・西村・水田はそれぞれの教室に戻りカバンを取ると、自転車置場に向かった。西村は市内電車で通っているので自転車はないのだが、2人につき合った。
「さっきの話で、何かわかったのかなあ?…沖渡先生」
 3人で階段を下りながら、須賀がポツリと言う。
「う~ん、あの人なんか普通の人と違う感じするから…わかってんのかも」
 と、西村。須賀が返す。
「でも授業出られなかったから、勉強を取り戻すのが大変だね」
「まあね。でもまあ今回で最後だって言ってたし、あんな面談」
 その時西村は、隣を歩いている水田が妙に無口なのに気づいた。長いワンレンもどこかいつもの輝きが無いように見える。
「どうしたの唯ちゃん、まだ具合悪いの?」
 水田は力ない笑顔を作って答えた。
「大丈夫、ちょっと頭痛いだけだから。今日自転車で帰るの危ないかも…」
 この水田の言葉は、見事に的中することとなった。


第九章へ
図書室トップへ
OIASトップページに戻る