OIAS公式Webサイト

図書室の悲惨  (福場将太・著)
■第九章「殺意の残り火」



 緊急個人面談が終わりメモのノートを読み返すと、沖渡は数学準備室を出た。彼はゆっくりと体を右に向け、その先に延びる廊下を見つめる。そしてロボットのように正確な歩幅で静かに前進を始めた。
「ここが…書庫」
 数学準備室から3メートルほどの所で沖渡は立ち止まる。そう、そこはまさしく出口遊が発見された書庫のドアだ。現在は新しいドアがはめられ、室内は警察により現場保存されている。沖渡は微動だにせず何かを考えている。そしてまた静かに歩き出した。その動きには全く無駄がなく、足音もない。
「ここが…図書っ質の…後方のドア」
 2メートルほどでまた立ち止まる。そこは普段は施錠されたままのドア。また微動谷しない沖渡、はたから見ればあまりにも奇妙な行動だろう。
「そして…」
 再び前進する沖渡。5メートルほどで図書室の出入り口となっている前方のドア。沖渡はそこでも立ち止まり、ドアを開けて室内を見た。もう中には誰もいない。静寂だけがそこにある。
「このドアが…普段開け閉めされている…」
 沖渡は抑揚のない声で誰にでもなく言う。その声は無人の図書室に不気味に響いた。そしてドアを閉めると、さらに廊下を前進する。
「そして…司書室」
 2メートルほど進んだ所にあるのが司書室のドア。岡本や原田のデスクがあり、図書室や書庫の鍵が管理されている部屋だ。沖渡はそこでも立ち止まる。もしさらに廊下を前進すれば屋上あるいは3階に繋がる階段があるのだが…沖渡はそれはせず、今歩いてきた後ろを振り返った。そしてまたオイルの切れたロボットのように固まる。グランドからは部活に汗を流す運動部員たちの声が遠く響いていた。
「それしか…ないな」
 数分の沈黙の後、沖渡はそう言った。そして司書室のドアに向き直る。
「失礼します」
 そう言ってドアに手をかける。彼はそのしばらく後、そこで2つの予想外の報せを受けることになる。



「あら、沖渡先生、生徒たちとのお話は終わりましたか?」
 岡本は自分のデスクにいた。入ってきた沖渡に彼女は力ないながらも笑顔を作ったが、原田は黙ったまま窓際で煙草を吹かしていた。
「ええ、まあ。小笠原は欠席で板村と渡辺は帰ってしまったようなので彼ら3人とは話せませんでしたけど」
 沖渡も直線的な笑顔を作る。
「最後に岡本先生にお話を伺っておしまいです」
「…あら、何かしら?」
「図書室から書庫へ繋がる重いドア、普段から開いてたんですよね?」
「ええ、いつも開けてましたよ。生徒たちが書庫の本も自由に読めるように」
 沖渡は頷きながら続ける。
「では岡本先生、一昨日の大掃除中、どこにおられましたか?」
「ここですよ。原田先生とデスクの整理を」
 沖渡が深く頷いた時、原田のダミ声が飛んできた。
「沖渡先生、君は一体何を調べてるんだね?大掃除がどうしたっていうんだ」
 原田は不機嫌をあらわにしてデスクの灰皿で煙草をもみ消す。その時、その脇の電話が鳴った。面倒臭そうにそれを取る原田。
「はい、こちら司書室…はい、原田です。え…?何ですって?」
 原田の表情がさらに険しくなった。その様子を見て岡本が尋ねる。
「何かあったんですか?」
 原田は受話器を口から離し、焦った様子で言った。
「どうやら、図書委員の女子が自転車で下校中に…交差点で事故に遭ったらしんです」
「ええっ」
 岡本の顔も険しくなる。沖渡も目を丸くした。
「原田先生、それは…」
 沖渡が言いかけた時、突然ガラッと勢いよく廊下からのドアが開き、教頭・酒井が飛び込んできた。息を切らしながら彼は言った。
「お、岡本先生、来てください!実は…」
 2つの意外過ぎる報せに、教師たちは驚愕するばかりだった。



 渡辺太郎は部活でグランドに出ていた。彼は野球部、只今キャプテン・岡村による地獄の千本ノックの真っ最中だ。
 時刻は午後4時。一応ライトを守っている彼に、ふと込み上げてくる想いがあった。
(今日の面談、結局フケちゃったけど…よかったのかな…。
 あの時は勢いで板村と勝手に出ていっちゃったけど、沖渡先生、結構マジだったよな)
 渡辺は軽はずみな行動をしたことを後悔していた。
「コラ、渡辺!ボヤボヤするな!」
 突然のキャプテンのどなり声、渡辺はハッとして顔を上げる。同時にボールは彼に向かって打たれる…が、手元が狂ったのか明後日の方向へ大きなループを描いて飛んでいった。渡辺はポカンとそのボールを見送るしかなかった。…他の部員たちも何も言えない。
「ハッハッハ!ありゃあ、校舎の屋上に上がったな。いよっ、岡村、ホームランだ!」
 野球部顧問の藤川教員だけが唯一大きな声を上げて笑っている。岡村は再び声を張り上げて叫んだ。
「…何してんだ渡辺!取りに行ってこい!」
 説教に失敗した時ほど格好悪いことはない。ここは逆らっても余計にキャプテンを怒らせるだけだと判断し、渡辺は素直にボールを取りに向かった。



 渡辺は校舎の階段を上っていく。そして4階まで来た時、ちょっと図書室の方に目をやった。
(さすがにもう、面談は終わってるよな…。そういえば、板村はどうしたんだろう?あれから姿を見なかったような…)
 渡辺は面談を放棄し、板村と図書室を出た時のことを思い出す。
(あの時、図書室から少し歩いたところで板村が「トイレに寄っていくから先に教室へ戻れ」と言った。戻るクラスも違うので素直にそうしたのだけど、今から思えばあの時の板村の瞳は…何か異様な光を放っていたような…。
 まさか、図書室で起こっているっていう事件の犯人は…?)
 渡辺は頭を左右にブンブンと振ってその考えを断ち切った。
(何を考えてんだ、俺は!あの時板村は無関係な自分が呼び出されたことに怒ってただけだ。それで厳しい目つきになってただけだ。その後あいつを見かけなかったのはただの偶然だろう、もうとっくに下校してるはずだ)
 そう考え直すと渡辺はさっさと屋上へと上がった。しかし何か嫌な予感がつきまとうのを振り払えないでいる自分にも気づいていた。
 屋上は立入禁止ではないが、雨風にさらされて汚いので出入りする生徒は滅多にいない。まあ福場のように気に入っている者もいるにはいるのだが…しかし彼のようにそこに寝転がったりする者はさすがにいない。渡辺にとってもここに来るのは本当に久しぶりだった。
 …貯水タンクがあるだけの殺風景な屋上、その周囲に広がる空は茜色に染まっている。その見事な夕焼けにしばし心を奪われそうになるが、吹きつける風は肌寒くもう冬が近いことを告げていた。
「ええと、キャプテンの場外ホームランは…」
 そうブツブツ言いながら、渡辺はボールを探して歩き回る。…とその時、彼の目は明らかに異様な物体を捕えた。
(何だあれ…?屋上の隅の方に…)
 渡辺はもう数歩近づく。
(…人だ!)
 それは確かに横になっている人間だった。
(昼寝か?こんなところで…?)
 渡辺は込み上げる不安を押さえきれず、その人間に駆け寄っていく。
(昼寝じゃない。体勢も不自然だ!あれは…)
 渡辺は自分の目を疑うという経験を、生まれて初めてすることとなった。

 …赤。それは夕焼けよりもずっと濃い赤。そこには、額を血に染めた板村朋之が身をよじるように横たわっていた。




 福場がアパートの自室に帰ると、電話がけたたましく鳴っていた。面談の後すぐに学校を出たのだが、帰りに公園に寄って考えごとをしていたため時刻はすでに午後6時を回っていた。こだわりのトレンチコートを脱ぎ、右手で学ランのボタンを外しながら福場は左手で受話器を取る。
「はい福場です。ああ、先生ですか」
 受話器の向こうから沖渡の声が聞こえてきた。しかしその声はかなり深刻な響きを帯びている。
「え…?水田さんの…?はい、自転車事故…?」
 沖渡から新たなる悲劇たちの報告が届いたのだ。ボタンにかけられた福場の右手が凍りつく。
「え?い、板村くんが…?な、殴られて屋上に…?そ、そんな」
 福場はもうわけがわからない。心臓が激しく脈打ち、そのポンプに押されるように全身から熱い汗が噴き出してくる。
(また『大工』か?
 いや、『大工』は出口?…違うのか?
 もう、いやだ、いやだ、いやだ…。もうこれ以上、何も、誰も傷つけないでくれ…!やめて、やめて…!)
「福場、聞いてるのか?」
 沖渡の力強い声が受話器から続く。福場は腰が砕けたようにその場に座り込んでしまっていた。
「は、はい、聞いてます」
 右手に前髪を絡ませながら、福場は脈を落ち着けようと必死に試みる。
「…動揺するのはわかる。本当に…信じられない事態だからな」
 沖渡の声は冷静だ。
「先生、何が…どうなってるんですか?この一連の出来事は一体…」
 福場の声は聞き取れないほどに震えている。
「前にも言ったが疑心暗鬼にはなるなよ、福場。大丈夫だ、全て説明がつく問題たちなんだ。恐怖と突然性が私たちの冷静な思考回路を遮断していたんだよ」
「説明がつくって…」
「今日の面談の時、頼んでおいたことがあっただろう?あれを…聞かせてくれ」
「え?あ、ああ、はい。たいしたことは無いんですが…」
 沖渡の声に導かれて少し落ち着きを取り戻してきた福場は、彼にその情報を伝えた。



 一通り聞き終わって、沖渡は静かに言った。
「…ありがとう。本当に良くやってくれたよ、福場」
 その声はどこか自信に満ちている。それは今まで授業でもそれ以外でも1度も聞いたことのない声だった。
「先生、あの…」
 福場が言いかけた時、ふいにガチャンと沖渡の電話は切れた。

 ツーッ、ツーッ、ツーッ…。


コーヒーブレイクへ
図書室トップへ
OIASトップページに戻る